記事
  • ロイター
  • 2020年08月04日 10:05 (配信日時 08月04日 09:58)

東京都区部CPI7月は前年比+0.4%、前月から上昇率拡大


[東京 4日 ロイター] - 総務省が4日発表した7月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.8となり、前年同月比0.4%上昇した。ロイターがまとめた民間予測はプラス0.2%で予測を上回った。上昇は3カ月連続で、上昇率は前月(0.2%)から拡大した。

学習塾代を含む補習教育や外国パック旅行費などがコアCPIの押し上げにつながった。

補習教育は前年同月比3.5%上昇で、前月の同4.7%下落からプラスに転じた。6月は対面授業の再開により、販促キャンペーンの一環として値下げが行われたが、今月はその反動で上昇幅が拡大した。

外国パック旅行費は同1.3%上昇。昨年は4―5月の大型連休の影響で夏休みの旅行需要が分散した結果、例年より低い水準だったが、今年は4連休の影響もあり、例年並みに戻ったという。

外国パック旅行費は新型コロナウイルスの感染拡大により下落が続いていたが、6カ月ぶりにプラスに転じた。

宿泊料は同4.5%下落。前月から下落幅は縮小した。昨年の6月は中国の祝日が重なり価格が上昇していたが、今年はその反動減が出た。

エネルギーは、電気代の下落幅が拡大した一方、都市ガス代(同2.4%下落)、ガソリン(同8.3%下落)は下落幅が縮小した。

家庭用耐久財は同0.1%下落で、前月から下落幅は縮小した。新型コロナの影響で外食需要が減る中、自宅での調理ニーズが伸びたことで電気炊飯器を新製品に切り替える動きがみられた。

東京都区部の総合指数は前年比0.6%上昇した。天候不順の影響や学校給食の再開による需要の回復で生鮮野菜が同8.4%上昇した。

生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.6%上昇した。

(浜田寛子 編集:内田慎一)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  4. 4

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  5. 5

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  6. 6

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  7. 7

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  8. 8

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  9. 9

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  10. 10

    東京五輪へ猪突猛進…日本国民猛反発でもバッハ会長が自信満々でいられるワケ - 熊谷 徹

    文春オンライン

    06月17日 14:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。