記事
  • ロイター

東京都区部CPI7月は前年比+0.4%、前月から上昇率拡大


[東京 4日 ロイター] - 総務省が4日発表した7月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く、コアCPI)は101.8となり、前年同月比0.4%上昇した。ロイターがまとめた民間予測はプラス0.2%で予測を上回った。上昇は3カ月連続で、上昇率は前月(0.2%)から拡大した。

学習塾代を含む補習教育や外国パック旅行費などがコアCPIの押し上げにつながった。

補習教育は前年同月比3.5%上昇で、前月の同4.7%下落からプラスに転じた。6月は対面授業の再開により、販促キャンペーンの一環として値下げが行われたが、今月はその反動で上昇幅が拡大した。

外国パック旅行費は同1.3%上昇。昨年は4―5月の大型連休の影響で夏休みの旅行需要が分散した結果、例年より低い水準だったが、今年は4連休の影響もあり、例年並みに戻ったという。

外国パック旅行費は新型コロナウイルスの感染拡大により下落が続いていたが、6カ月ぶりにプラスに転じた。

宿泊料は同4.5%下落。前月から下落幅は縮小した。昨年の6月は中国の祝日が重なり価格が上昇していたが、今年はその反動減が出た。

エネルギーは、電気代の下落幅が拡大した一方、都市ガス代(同2.4%下落)、ガソリン(同8.3%下落)は下落幅が縮小した。

家庭用耐久財は同0.1%下落で、前月から下落幅は縮小した。新型コロナの影響で外食需要が減る中、自宅での調理ニーズが伸びたことで電気炊飯器を新製品に切り替える動きがみられた。

東京都区部の総合指数は前年比0.6%上昇した。天候不順の影響や学校給食の再開による需要の回復で生鮮野菜が同8.4%上昇した。

生鮮食品およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.6%上昇した。

(浜田寛子 編集:内田慎一)

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。