記事

米6月個人消費は好調も、7月は経済活動再開一時停止が重石に

1/2

Personal Spending Jumps To 5.6% In June, But Likely To Slow Next Month.

米6月個人消費支出は経済活動の再開を手掛かりに、過去最大の伸びを達成した前月に続き増加した。一方で、個人所得は景気刺激策に盛り込まれた1人当たり1,200ドルの小切手支給の効果が剥落、失業保険は引き続き支給されたものの、2ヵ月連続で減少している。消費が改善する半面、所得が減少したため、貯蓄率は過去最高を記録した4月以降、2ヵ月連続で低下。ただし、2桁台を維持し高水準を保つ。詳細は以下の通り。

〇個人消費支出

→経済活動の再開を手掛かりに2ヵ月連続で増加、経済活動再開の一時停止はテキサス州やフロリダ州が6月26日に着手し徐々に全米へ広がっており、規制再導入などの影響は7月に現れる見通し

・前月比5.6%増と2ヵ月ぶりに増加、市場予想の5.0%増を上回る、前月は8.5%増と過去最高
・前年比4.8%減と4ヵ月連続で減少、5月は9.5%減、4月は過去最悪の16.3%減
・インフレを除く実質ベースでの個人消費は前月比5.2%増と2ヵ月連続で増加、5月は過去最高の8.3%増
・前年比では5.5%減と4ヵ月連続で減少、5月は10.0%減、4月は過去最悪の16.7%減

個人消費支出の内訳(前月比ベース)
・財 6.4%増と2ヵ月連続で増加、前月は14.1%増
・耐久財 8.7%増と2ヵ月連続で増加、前月は28.9%増
・非耐久財 5.2%増と2ヵ月連続で増加、前月は7.6%増
・サービス 5.2%増と2ヵ月連続で増加、前月は5.8%増

〇個人所得

→景気刺激策に盛り込まれた切手効果が剥落し、2ヵ月連続で減少。ただし、経済活動の再開を手掛かりに、給与などの所得は2ヵ月連続で増加した。

・前月比1.1%減、市場予想の0.6%減より悪化、前月は4.4%減
・前年比では7.4%増、5月は8.8%増
・実質ベースでは前月比1.5%減と2ヵ月連続で減少、5月は4.6%減
・前年比は6.6%増、5月は8.3%増

所得の内訳は、名目ベースの前月比で以下の通り。

・賃金/所得 2.2%増と2ヵ月連続で増加、前月は2.6%増(民間は2.6%増、サービス部門は2.6%増、財部門は2.4%増)
・経営者収入 5.5%増と2ヵ月連続で増加、前月は2.1%増(農業は147.7%増、非農業は2.8%増)
・家賃収入 0.4%減と3ヵ月連続で減少、前月は0.2%減
・資産収入 1.3%減と4ヵ月連続で減少、前月は1.4%減(配当が1.2%減と3ヵ月連続で減少、金利収入は1.3%減と3ヵ月連続で減少)
・社会補助 8.9%減と2ヵ月連続で減少、前月は17.5%減
・社会福祉 9.0%減と2ヵ月連続で減少、前月は17.6%減(メディケア=高所得者向け医療保険は0.5%増と増加基調を維持、メディケイド=低所得者層向け医療保険は1.3%増と4ヵ月連続で増加、失業保険は8.5%増と景気刺激策を背景に4ヵ月連続で増加、退役軍人向けは0.7%増と増加基調を維持、その他は小切手支給が一巡するなか45.1%減)

〇可処分所得

・前月比1.4%減と2ヵ月連続で減少、5月は5.1%減
・前年比は8.9%増、5月は10.7%増
・実質ベースの可処分所得は前月比1.8%減と2ヵ月連続で減少、5月は5.2%減
・前年比は8.1%増、5月は10.2%増

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  2. 2

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  4. 4

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  5. 5

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  6. 6

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  7. 7

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  8. 8

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  9. 9

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  10. 10

    橋下氏 菅首相の自助発言に賛同

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。