記事

「人間の小さな声を拾い上げるために」― 吉岡 忍(ノンフィクション作家) Part3

1/2
『石井光太責任編集 ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)の刊行と連動して、2012年7月28日にシナリオセンター(東京都港区)で開催された「総合ナビゲーター・石井光太 ノンフィクション連続講座」第3回。日航機事故について書いた『墜落の夏-日航123便事故全記録』で知られるノンフィクション作家・吉岡忍氏に、人間の小さな声を拾い上げる発想法から取材方法を聞いた。(Part1はこちら、Part2はこちら

ゲスト:吉岡 忍(よしおか しのぶ)
ノンフィクション作家。1948年長野県生まれ。早稲田大学政治経済学部在学中に、ベトナム反戦運動「べ兵連」に参加し、米軍脱走兵の逃亡支援活動に従事。また「ベ兵連ニュース」の編集長も務める。その後、ノンフィクション作家となり、『墜落の夏—日航123便事故全記録』で第9回講談社ノンフィクション賞を受賞する。他の著書に『日本人ごっこ』『鏡の国のクーデター』『M/世界の、憂鬱な先端』他多数。

■総合ナビゲーター・石井光太のコメント■
「ノンフィクションの分野には、世界を一変させるほどの素晴らしい作品が林立しています。フィクションとは違い、ノンフィクションにはたった一本の作品で、読者の人生観や世界観、あるいは世の中の流れを丸ごと変えてしまう力があります。しかし、現実を題材にするため、なかなかそれを書いている作家やその手法に光があたりません。そこで、ノンフィクション連続講座では、著名な作家が代表作をどのように発想し、調べ、取材し、執筆したのかということを直接詳しくお聞きしています。作家たちは誰も見たことのない現実にどのように目を向けたのか。そしてそこに入り込み、取材をし、作品をつくりあげたのか。こうしたことは、現実=ノンフィクションの世界に生きている全ての人に役に立つ発想だと確信しています。ぜひ、講座内容を聞いてみてください」

【ゲストの代表作品】

『墜落の夏 —日航123便事故全記録』

520人が死亡した日航機墜落事故、国内最大規模の事故発生の細密を描き、わずかな生存者の声に耳を傾ける。遺族に更なる苦痛を与えた補償金問題、そして、〈ビッグ・ビジネス・シャトル〉がいかなる経済システムを誘発し利便を最優先してきたのかまで、飛行機事故に翻弄された人々と社会に冷静な筆致で迫っていく。気丈に振る舞うスチュワーデス、動転するエリートサラリーマン、著者はこのジャンボジェットを「日本社会の現在を眺望している」かのようだと書く。高度成長への警鐘、人間が均質化されることへの疑義をぶつけていく。最後まで生きようとした人々、腐臭の中で我が子を探す遺族、事件をビジネスに利用しようとする愚か者、飛行機事故がもたらした人間の悲哀を捉えた傑作。

(『石井光太責任編集 ノンフィクション新世紀』ノンフィクション年表1980ー2011より抜粋)

人間ってこういうものだよ
というのを描く

——吉岡さんの作品が素晴らしいなと思うのは、どんな人間でも人間として見つめて、そのうえで書くところですよね。ノンフィクションをやっている人の中には、その書く対象をわざわざ神懸かり的に持ち上げて、「俺はこの人のことをこんなに書いているんだぜ、えらいだろ」という人もいますが、吉岡さんの場合はそれを一切しない。全ての人間を、人間としてみて、そのうえで誰を責める訳でもなく書いている。

吉岡 「人間ってこういうものだよ」ということを言えればいいと思って書いているからなんじゃないかな。いまの人間が偉いわけでもないし、昔の人間がだめなわけでもないし、新しいからいいわけでもないし、古いからだめというわけでもない。最初から、色眼鏡をかけて見ない方が、面白い。

——吉岡さんの特徴としては、「問題を投げかけるけど、答えは出さない」というのもありますよね。

吉岡 だって、答えなんかないからね(笑)。人間はこうやって生きてきたし、生きているということがわかれば十分だと思っている。勝負するとしたら、どれだけ優れた問いを問えるかだけなんだす。そう考えながら、いま、東日本大震災のことをどう書けるのかと悩んでいるところです。

——僕は吉岡さんが出す前に出そうと思いましたから。

吉岡 東日本大震災をどう書けるのか、本当にまだわからない。ただ、ぼんやりと考えていることは、歴史のなかに置いてみるということですね。1896年の明治三陸大津波では2万2千人が亡くなっています。津波が起きたとき、三陸沿岸のあちこちの町で日清戦争から戻ってきた兵士たちの凱旋大宴会が行われていた。戦争は1年前に終わっていますが、台湾植民地化にいろいろ手間取って、ちょうどこの時期になったんです。その日、例えば大槌町では花火大会をやっていた、という記録があります。その最中に津波に襲われ、故郷に帰還した多くの兵士ものみ込まれた。

 この出来事をもう少し歴史的文脈で見ていくと、近代日本が初めて外国に兵を出し、大国の清(中国)を打ち破ったことでナショナリズムが盛り上がり、過激化していく。太平洋戦争で敗北するまでの戦争の半世紀は、ここから始まります。そのとば口のところに、大津波という自然災害があった。

 1933年の昭和三陸大津波の場合は、その1週間前、日本は満州侵略を世界中から批判され、ジュネーブでの総会の場において国際連盟脱退を宣明しています。このあとはもう完全に国際的孤立に向かい、ナチスドイツと同盟するしかなくなっていく。

 とすれば、東日本大震災は、どうなるのか。過去2回の三陸大津波は、日本がとんでもないどん底に落ちていくきっかけだった。私はそう思っています。だから、今回もものすごい暗いイメージを持っている。「絆」という楽観的な見方には賛同できない。そうした楽観的な見方は、根本的に間違っているというのが私の見方です。だからこそ、「歴史」的な見方を提示することが大事になる。それも、ノンフィクションやドキュメンタリーの責任であり、求められていることでもあると思います。

 太陽をじっと見ているだけでなく、そこにある黒点を見つけ、そこから全体をとらえること。そういうものなしには、じつはあらゆる表現が成り立たないのだ、と私は思っています。

あわせて読みたい

「石井光太責任編集ノンフィクション新世紀」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  4. 4

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  5. 5

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  6. 6

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。