記事
  • ロイター

訂正:米失業給付加算、労働市場に大きく影響せず=ダラス連銀総裁


[3日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は3日、7月末に失効した週600ドルの失業給付加算措置(訂正)について、多くの企業が雇用を一段と難しくしたとの見方を示しているものの、労働市場は全般的には影響を受けていないことが経済指標から示されていると述べた。

カプラン総裁はブルームバーグテレビに対し、「数多くの研究結果を検証し、われわれも独自の検証を行ったが、企業が示しているような懸念は各種データで裏付けられなかった」と指摘。「(特別給付措置で)一部の企業は雇用が難しくなった可能性があるが、(同措置で)消費支出が押し上げられたため、雇用が創出された。このため、差し引きでプラスの効果があった」と述べた。

週末の間にミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁が、新型コロナウイルス感染の再拡大を受け米国はロックダウン(都市封鎖)を再び実施する必要があると発言。カプラン総裁はこれに反対するとし、感染拡大抑制に向け誰もがマスクを着用すれば、広範なロックダウンは避けられると指摘。「新型ウイルスとともに生きていくことを学ばなければならない。日常生活のあり方を変えなくてはならないが、それでもウイルスは制御できる。そのためには広範なマスク着用が必要不可欠だ」と述べた。

FRBの政策については、インフレ率を目標としている2%を若干上回る水準まで押し上げることを目指し、緩和的な金融政策を一段と推し進めることは望ましくないと指摘。FRBは向こう数年間は政策金利をゼロ%近辺にとどめるとこれまでも表明しているとし、「将来的にFRBが新たなフォワードガイダンスを提示する際は、ガイダンスをFRBが担う2つの責務のうち、特に雇用に関するものに連動させることを強く望んでいる」と述べた。

*企業は「失業給付加算措置の失効」ではなく「同措置自体」が雇用に影響したとの見方を示していることを明確にし、見出しと本文第1・第2段落の表現を修正しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。