記事

国内初、犬が新型コロナウイルス陽性 感染者の飼い主から預かった2頭

ペット保険業界でシェア1位を持つ「アニコム損保」を子会社に持つアニコムホールディングス株式会社は3日、新型コロナウイルスに感染した飼い主から預かった犬2匹が、PCR検査の結果陽性だったことを発表した。国内でペットの陽性が確認されるのは初めてのことだという。

写真AC

同社は4月より、飼い主が新型コロナウイルスに感染し、隔離施設や病院に滞在する間にペットを無償で預かるプロジェクト「#StayAnicom」を進めていた。これまでに犬29頭、猫12頭、うさぎ1羽の計42頭を預かっており、感染予防のため全てのペットに対して複数回のPCR検査を実施してきたという。

陽性が判明した2頭の犬は、異なる施設で複数回のPCR検査を実施したところ「陽性」の検査結果が出たということだ。現在の状況について同社は「1頭については『陰性』の結果に転じ、2頭とも健康状態に大きな問題はありません。また、これらの犬2頭において新型コロナウイルスの感染が成立したかについては、明らかとなっておりません」と説明している。

厚生労働省の「動物を飼育する方向けQ&A」では、人からペットへの感染について「現時点では、ヒトから動物への感染事例はわずかな数に限られています」と説明。ペットが感染した際の症状については「これまでのところ、イヌでは明確な症状は確認されていませんが、ネコでは呼吸器症状・消化器症状があったとの報告があります」と紹介している。

また新型コロナウイルスがペットから人に感染する可能性については、次のようにアナウンスしている。

 これまでのところ、新型コロナウイルスがペットから人に感染した事例は報告されていません。
 一方で、ネコは、新型コロナウイルスの感受性が他の動物種よりも高いとの報告があり、実験室内での感染実験では、ネコが他のネコに感染させ得るという結果が報告されています。また、オランダのミンク農場でのミンクの大量感染事例では、新型コロナウイルスに感染したミンクから人へ感染した可能性のある事例が報告されています。
写真AC

これまで、海外ではアメリカや香港などで犬への感染が判明しており、香港では17歳のポメラニアンが死んだことが伝えられている。人への感染源になるとの誤解から中東では飼育放棄が相次ぎ、中国では飼い主による殺処分が起きる事例もあった。

◆「しらべて欲しい」情報や疑問をお寄せください

BLOGOSしらべる部では読者の皆さまからの情報や疑問を募集中です。普段の生活やニュースのなかでしらべて欲しいと思ったことを、記者が取材します。

以下のアドレスにご連絡ください。
dl_shiraberubu@linecorp.com

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  6. 6

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  7. 7

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  8. 8

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  9. 9

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  10. 10

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。