記事

ソニーの予測分析ソフト「Prediction One」がライセンス販売開始 価格は年19万8000円に

1/2

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は8月3日、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One(プレディクション ワン)」のライセンス販売を8月3日から開始することを発表した。価格は19万8000円/年(税別)で、個人向けサービスの場合はクレジットカード払いによる1万6500円/月(税別)×12回になる。ライセンスは1台のPCで利用可能。

Prediction Oneは2019年6月から無料で提供されていたが、2020年8月3日以降はライセンス販売のみに切り替わる。従来バージョンを無料で使えるのは2020年8月31日までで、有料ライセンスの販売が開始されてからも最大30日間は無料で使える体験期間が用意されている。

>> Prediction One

プログラミング不要で使える予測分析ソフト 数クリックで高度な予測分析が可能

Prediction Oneはソニー株式会社のR&Dセンターが開発し、ソニーグループ内にて金融や情報通信サービス、製造などを手掛ける多様な事業組織で導入・活用されてきた。機能の改良を重ねつつ、予測分析などを専門としていない人でも使えるアプリケーション型のツールとして、2019年6月からPrediction Oneは提供開始となった。

直感的に利用できるシンプルなユーザーインターフェース

Prediction Oneの特徴は、機械学習やプログラミングなどの専門知識がなくても操作できるユーザーインターフェースだ。さらには、ノートパソコンのような一般的な環境でも扱うことが可能で、数クリックの操作で高精度な予測分析を実行できる。加えて、予測分析するだけでなく、その予測に沿った根拠も提示されるため、次のアクションを取りやすいことが人気のひとつだ。また、Prediction Oneは2019年6月のサービス開始以降、「時系列予測モードの追加」「主要な利用場面におけるチュートリアルやサンプルデータの追加」「分析結果の出力機能」「ユーザーフィードバック収集機能」「分析の精度向上・処理高速化」といったアップデートを実施している。

そしてPrediction Oneの有料化にともなって、いくつかの新機能が実装されている。

必要な情報をすぐに閲覧可能に

UIを全面的に刷新

これまでPrediction Oneが実施してきたユーザーインタビューや利用ログ分析結果に基づいて全面的に改良された。専門的な知識がない人でも使えるようにするため、これまで以上に直感的に操作しやすいシンプルなUIになっている。

ドキュメントの大幅な追加

必要な情報をすぐに閲覧できるように、ドキュメントを大幅に追加すると同時に、HTML化することで検索しやすくなった。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    三原氏が厚労副大臣 衝撃の人事

    藤田孝典

  4. 4

    河野氏は霞が関ホワイト化可能か

    千正康裕

  5. 5

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  6. 6

    携帯会社への懲罰? 値下げに疑問

    おくの総一郎

  7. 7

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    北朝鮮海軍が金正恩氏の船を誤爆

    高英起

  9. 9

    マツコ東京疲れ 田舎へ憧れ語る

    SmartFLASH

  10. 10

    長官は民間に…平井IT大臣が吐露

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。