記事
  • ロイター

東京マーケット・サマリー(3日)

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

午後5時現在 105.88/90 1.1760/64 124.54/58

NY午後5時 105.88/91 1.1774/78 124.68/72

午後5時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の105円後半。一時106.44円まで上昇し、7月24日以来1週間半ぶりの高値を付けた。

<株式市場>

日経平均 22195.38円 (485.38円高)

安値─高値   21919.83円─22214.59円

東証出来高 13億2265万株

東証売買代金 2兆3748億円

東京株式市場で日経平均は急反発。一時、前週末比で500円を超す上昇を記録した。前週末の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、外為市場でドル/円が105円後半まで円安に振れたことが、市場に安心感をもたらした。物色面では引き続き、直近の決算発表で内容の良かったものを買う動きが目立つ。

東証1部騰落数は、値上がり1736銘柄に対し、値下がりが398銘柄、変わらずが38銘柄だった。

<短期金融市場> 17時07分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.020%

ユーロ円金先(20年12月限) 100.055 (-0.005)

安値─高値 100.050─100.055

3カ月物TB -0.079 (+0.001)

安値─高値 -0.079─-0.082

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.020%になった。前営業日(マイナス0.021%)とほぼ横ばいだった。「都銀や証券を中心に資金調達意欲が引き続き高く、レートは高止まり傾向にある」(国内金融機関)。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・20年9月限 152.22 (-0.15)

安値─高値 152.16─152.28

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.020% (+0.010)

安値─高値 0.025─0.020%

国債先物中心限月9月限は前営業日比15銭安の152円22銭となり、反落して引けた。あすの10年債入札に向けた調整圧力が強まり、軟調に推移した。現物債市場では、超長期債を中心に金利上昇圧力が強まった。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp上昇の0.020%。

<スワップ市場> 16時34分現在の気配

2年物 0.00─-0.09

3年物 0.00─-0.09

4年物 0.00─-0.10

5年物 0.00─-0.09

7年物 0.02─-0.07

10年物 0.07─-0.02

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  8. 8

    不祥事多い文政権が揺るがぬ理由

    WEDGE Infinity

  9. 9

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  10. 10

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。