記事

フランスで社会問題化、なぜ自己愛の強い男は愛する女性を殺してしまうのか

1/2

フランスでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため3月半ばから厳格な外出禁止令が出されたが、早くも1週間目には家庭内暴力(DV)が約35%増加したという。そんなフランスでは、約2日に1人の割合で、女性が夫や恋人などに殺される“Féminicide(フェミニシッド)”(「女性殺人」の意、英語では「フェミサイド」)が起きており、欧州でも1、2位を争うほど多い。近年、フランスで注目を集めるようになったフェミサイドについて、30年以上フランスに住むジャーナリストのジャーナリスト、プラド夏樹さんがリポートする。

「あなたの娘を守るのではなく、息子を教育してください」と書かれた張り紙。パリ19区、ジェネラル・ラサル通り(撮影=プラド夏樹)「あなたの娘を守るのではなく、息子を教育してください」と書かれた張り紙。パリ19区、ジェネラル・ラサル通り(撮影=プラド夏樹)

ほかの殺人とは違う「フェミサイド」

筑波大学からフランスに留学していた黒崎愛海さんが2016年から行方不明になっていた事件で7月24日、元交際相手のニコラス・セペダ・コントレラス容疑者の身柄が、チリからフランスに移送された。

現地の報道によると、同容疑者は黒崎さんに宛てて「病的な嫉妬心と所有欲をあらわにした」大量のメッセージを送っており、フランスではフェミサイドととらえられている。

フランスのフェミサイド調査団体によると、2019年に夫や元夫、恋人や元恋人などに殺された女性は150人にのぼる。パートナー間の殺人全体のうち、女性が被害者になったフェミサイドの割合は例年80%を超えている。

ちなみに、日本の男女共同参画局の発表によれば、2018年のパートナー間殺人153件のうち女性が被害者になった事件は全体の55.6%だ。

フェミサイドはこれまで、ラテン・アメリカ諸国やアフリカ、中東で多発し問題視されていた犯罪だが、昨年からフランスでも、「明らかな女性蔑視を動機とし、女性が女性であるゆえに殺される、ある特殊なメカニズムを持った犯罪」として、他の殺人事件とは区別されて考えられるようになった。

以来“Féminicide(フェミニシッド)”という、これまでなじみがなかった単語が、メディア上で頻繁に使用されるようになった。

「愛ゆえの殺人」は許されるのか?

これまで、パートナー間の殺人は、「情熱ゆえの殺人」と呼ばれ、愛しすぎてカッとなり殺してしまったというニュアンスがあり、社会でいくぶん許容されてきたきらいがある。

フランスの国民的ロック歌手、故ジョニー・ホリデーの歌に、愛人を殺して警察に追われ自殺する男をテーマにした『ある狂人へのレクイエム』(1976年)があるが、サビの部分は次のような歌詞だ。

----------

彼女の身体は俺の人生そのものだった
愛しすぎて、俺のモノにするために殺してしまった
偉大な愛が永遠に続くために、俺も死ぬ

----------

今でもフランスでは、カラオケでみんなが声を合わせて歌う人気の曲だが、このように、フェミサイドはどこかしらロマンチックなものとして美化され、文学、演劇、歌のテーマとして取り上げられてきた。

歴史的に見ても、特に男尊女卑が激しかった19世紀にナポレオンが制定した刑法典324条(1810年)で、自宅に愛人を連れ込んだ妻を夫がその場で殺すのは「情状酌量の余地あり」とされていた。

この法律は1975年に廃止されたものの、「妻は夫の所有物」という意識がいまだに社会の根底で綿々と続いていることは否定できない。

「シルビー通り。2019年1月30日に、シルビー(1962‐2019)が元パートナーに殺された」パリ20区、クロンヌ通り(撮影=プラド夏樹)「シルビー通り。2019年1月30日に、シルビー(1962‐2019)が元パートナーに殺された」パリ20区、クロンヌ通り(撮影=プラド夏樹)

「予告された殺人」フェミサイド

6月初め、ル・モンド紙は「フェミサイド、その真相」という特集を組み、フェミサイド特有のメカニズムを解き明かした。

1年間をかけて2018年に起きた120件あまりの事件を分析し、「カッとして」突然起きる犯罪とはほど遠い、長年の精神的・身体的暴力の結果であること、また、それゆえに「予告された殺人」であり、周囲の人々が意識をすれば防ぐことができる可能性もあることを明らかにした。

そこで、同紙の記事から一例を引き、そのメカニズムについて説明したい。

「熱愛」から始まった2人の関係

2018年6月25日、朝、中学校に長男を送って帰宅したレティシア・シュミットさん(36歳)はフランス北東部、バ・ラン県の自宅の入り口で、別居中の夫に約20回以上ナイフで刺されて殺された。

レティシアさんがジュリアンさんと出会ったのは1999年、2人が17歳の時だった。一目惚れの熱愛カップルで、彼は彼女に、誰に会ったか、どこへ行ったかなどを毎日詳しく聞きたがった。彼女もそれを「愛してくれている証拠」と思って受け入れていた。

付き合い始めてから7年後、レティシアさんが会社の同僚とバーベキューをして家に遅く帰ると、ジュリアンさんが真っ青になって怒り、つかみかかってきた。別の男と会っていたのではないかと嫉妬したのだ。そしてそれをきっかけに身体的暴力が始まる。

2008年、カップルに第一子が生まれると、これをきっかけに田舎に引っ越す。そして2010年、2人は結婚する。28歳の時だった。

あわせて読みたい

「フランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  8. 8

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。