記事
  • ロイター

アルゼンチン債権者団、法律条項修正へ国際機関に支援要請


[ニューヨーク/ロンドン 2日 ロイター] - アルゼンチン国債を保有する主要な債権者グループは債務再編を巡る法律の条項修正について、国際金融協会(IIF)などの国際機関に支援を求めていることが明らかになった。

アルゼンチン政府は約650億ドルの対外債務再編について4日までの合意を目指しているが、期限をされ先延ばしする公算が大きい。

債権者グループの関係筋はロイターに対し、国際通貨基金(IMF)、米財務省、国際資本市場協会(ICMA)とも非公式に接触したことを明らかにした。

具体的にどのような支援を求めているか詳細は不明だが、交渉では「集団行動条項(CAC)」が重要な争点となっている。

IMF、米財務省、ICMAはコメントの要請に応じていない。

これらの機関は債務再編に直接影響力を行使することはできないが、支援を得ることがアルゼンチンのグズマン経済相への圧力になると債権者グループは期待している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  7. 7

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  8. 8

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  10. 10

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。