記事
  • ロイター

国内新車販売7月は13.7%減、10カ月連続マイナス 減少幅は縮小傾向


[東京 3日 ロイター] - 7月の国内新車販売(軽自動車を含む)は前年同月比13.7%減の39万6346台となり、10カ月連続で前年同月を割り込んだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いた。ただ、減少幅は4月の28.6%減、5月の44.9%減、6月の22.9%減と比べて縮小しており、改善傾向にある。

新車販売台数は、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が3日発表したデータを足し合わせた。

登録車(総排気量660cc超)が前年同月比20.4%減の23万9355台と10カ月連続でマイナスとなった。登録車のブランド別では、トヨタ自動車<7203.T>(高級車ブランド「レクサス」を除く)が16.2%減、ホンダ<7267.T>が26%減、日産自動車<7201.T>が29.5%減だった。

軽自動車(同660cc以下)も同1.1%減の15万6991台と10カ月連続で減少した。コロナの影響で海外からの部品調達が滞り、一部の生産がフル稼働の状態にまだ戻っていないメーカーもあった。ただ、7月は客足が戻りつつあるほか、受注残の解消も進んでおり、4―6月に比べると減少幅は改善した。

軽自動車のブランド別では、スズキ<7269.T>が11.4%増、ダイハツ工業が1.0%増などと伸びた一方、ホンダが13.8%減、日産が7.2%減、三菱自動車<7211.T>が25.7%減などとなった。

8月以降の見通しについては、世界的なコロナ収束に向けた道筋や経済情勢を読み切れず「現時点では予測できない」(全軽自協)としている。改善傾向にはあるものの、4月7日から2カ月近く続いた緊急事態宣言期間中の受注活動が厳しかったことを考慮すると「まだマイナスが続く可能性が高い」(同)ともみている。

*内容を追加して再送します。

(白木真紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  8. 8

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  9. 9

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。