記事
  • ロイター
  • 2020年08月03日 14:25 (配信日時 08月03日 14:22)

季節性インフル感染者が世界各地で過去最低、コロナ対策の影響


[北京 31日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染拡大を抑制するために世界的に導入されたソーシャル・ディスタンシング措置によって季節性インフルエンザの感染率が過去最低に抑えられていることが、各国の統計で明らかになった。

他国に先立ち広範な行動制限を導入した中国では、おたふく風邪、はしか、一部の性感染症の新規感染者が大きく減少しており、インフルエンザの感染例が最も大幅に減った。

中国国家衛生健康委員会が毎月報告しているインフル感染者数は行動制限導入当初の月平均約29万人から9割強急減し、2万3000人となった。

カナダのインフル監視システムもまた、最新の報告書でインフル感染者数が「異例の低水準」にあるとした。英国やオーストラリアなどが週ごとに公表しているインフル関連データも同様の内容となっている。

韓国の感染症に関するサイトによると、最新の週報で感染者数は前年比83%の大幅減となった。

シドニー大学の感染症専門家で小児科医でもあるBen Marais氏は「この時期としては他の伝染性の疾病の感染率は過去最低を記録している」と分析。

「通常、(南半球の)冬のこの時期は胸がゼーゼーする子供で病棟がいっぱいになるが、今年は病棟がほぼ空っぽだ」と述べた。

世界保健機関(WHO)は季節性インフルに関連する重篤な症例は年間300万─500万人に上り、最大50万人が死亡すると推計している。

あわせて読みたい

「インフルエンザ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  3. 3

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  4. 4

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  5. 5

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  8. 8

    G7:バイデン大統領が主導、一帯一路に対抗する「B3W」で合意

    My Big Apple NY

    06月14日 08:14

  9. 9

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。