記事
  • ロイター

訂正:ベルリンでマスク着用などの規制に抗議デモ、自由を主張


[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツのベルリンで1日、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)拡大抑制のための規制は人権と自由の侵害と主張する抗議デモが展開された。

警察の推定では、デモには1万7000人が参加。リバタリアン(自由至上主義者)や憲法擁護派、反ワクチン活動家らのほか、少数の極右勢力も参加した。

ある参加者は匿名で、「われわれの要求は民主主義への回帰だ。われわれを奴隷化するマスクは排除されなければならない」と述べた。

これより先、南西部の都市シュツットガルトでも類似のデモが主催された。

与党連立の社会民主党(SPD)のエスケン共同党首は、抗議参加者らを「コビディオット(COVIDばか)」と呼び、ツイッターに「この人々はわれわれの健康のみならず、感染に対する(これまでの)成功をも脅かしている」と投稿した。

ドイツは当初、感染拡大抑制に成功したが、その後感染が増加し、累計感染者は20万人超、死者は9000人超(訂正)となっている。

大半の国民は、店舗でのマスク着用などの規制を順守しているが、一部が規制に反発している。

あるデモ参加者は、「政府の指導に従う世界で数人の科学者の意見が受け入れられているにすぎない。(異なる意見を持つ人々は)黙らされ、検閲され、陰謀論支持者と疑われている」と述べた。

*英文の訂正により、3日に配信した記事で本文6段落の死者数を「約1000人」から「9000人超」に訂正します。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  6. 6

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  7. 7

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  10. 10

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。