記事

PCR急進拡大派VS穏健派?PCR検査と政治思想(保守・リベラル)に感じる親和性

1/2

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

PCR検査について、今日も「急進拡大派VS穏健派」ともいうべき議論・対立構図が続いています。

【以下、私の定義】

PCR急進拡大派:
とにかくPCR検査を諸外国並(?)に1日数万~数十万件に引き上げることを優先する。感染拡大が止まらないのはPCR検査を拡充しないことが主な原因であると考えている

PCR穏健派:
PCR検査を拡充していくことは重要ではあるが、無差別に拡充することは限界やデメリットもあり、あくまで感染拡大防止策の一つとして捉えている

私はPCR穏健派の考えを取る人間ですが、周りの議論を見ているといわゆる左派・リベラルと呼ばれる方には急進拡大派が多く、右派・保守と目される方に穏健派が多い印象です(なお私も中道右派を自認する立場)。

右・左、保守・リベラルという区分けは時代遅れという声はあるものの、私はまだ考え方を整理・分類する上で一定程度の意味はあると思っています。

それはエドモンド・バークから始まる保守思想、変革というのは現実や歴史に立脚しながら暫時的に・徐々に行われるものであるという考え方と、観念的な理想を追い求めそれが実現可能だとするリベラル思想の違いというのは、PCR検査一つにしても現れていると感じられるからです。

左派・リベラルと言われる方々は、安全保障においても古くは「非武装中立」を唱え、戦力や安保法制などはなくても平和は保てると主張をしてきました。

そりゃ、武力を持たずに国土の安全を守れて、さらには世界平和にまで貢献できるのだとすれば、これほど理想的なことはありません。

しかし「現実には」そういうことがあるはずもなく、日本も一定のリスクやコストをとって安全保障政策を実施していく他はありません

PCR検査も、検査拡充のためのリソースが無限にあって、陽性と判断された人を確実に隔離・監視ができればコロナの封じ込めは可能かもしれません。

しかし「現実には」医療資源も財源(特に地方自治体)も有限であり、人権を制限できる諸外国と違い我が国には陽性者を確実に隔離・監視をする仕組みは存在しないわけです。

「単に検査拡充と言っているわけではない。もちろん検査と隔離はセットだ!」

と口ではいうものの、ではその隔離や監視をするために人権を制限する法改正に彼らは賛成してくださるのでしょうか?また、本当にそれをやるべきだと思っているのでしょうか?

あるいは逆に、指定感染症を外して隔離の必要はなくせば単純な検査拡充は可能かもしれませんが、それも選択肢として検討しているのでしょうか。

そこまで覚悟をもって踏み込むことなく、ただ「検査拡充で感染拡大は防げる」と主張するのであれば、やはりそれは安全保障と同様の「理想論」に過ぎないと私は感じます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    安倍疑惑追及に弁護士視点で苦言

    青山まさゆき

  3. 3

    河野氏 行政の押印手続き1万種超

    河野太郎

  4. 4

    ディズニーが中国依存強め大誤算

    PRESIDENT Online

  5. 5

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

  6. 6

    不便なマイナンバーの改善を急げ

    WEDGE Infinity

  7. 7

    「愛子天皇」誕生の機運が高まる

    文春オンライン

  8. 8

    キングオブコント芸人は喋りすぎ

    メディアゴン

  9. 9

    コロナで行列増 中高年「勘弁」

    中村伊知哉

  10. 10

    政府の代弁者が重宝されるTV業界

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。