記事
  • ロイター

原油先物は下落、協調減産縮小に伴う供給過多懸念などで


[東京 3日 ロイター] - 週明け3日アジア時間の原油先物は下落。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が8月から協調減産の規模を縮小することによる供給過多や、新型コロナウイルス感染者の世界的増加に伴う燃料需要の回復の遅れへの懸念が重し。

0001GMT(日本時間午前9時01分)時点で、北海ブレント先物<LCOc1>は0.08ドル(0.2%)安の1バレル=43.44ドル。米WTI先物<CLc1>は0.12ドル(0.3%)安の40.15ドル。

7月はブレント原油は4カ月連続、WTIは3カ月連続の上昇となり、ともに新型コロナウイルス流行によるロックダウン(都市封鎖)が世界で導入された4月の急落から持ち直した。

日産証券の菊川弘之主席アナリストは「OPECプラスが今月から減産を縮小するほか、原油価格の回復により米国のシェール生産者も生産を増やす可能性があり、供給過剰が懸念されている」と指摘。

「また、世界でコロナ感染が続いていて、需要回復に対する懸念もあるため、原油価格の上値は抑えられるだろう」と述べ、今週は40ドル台前半での狭い範囲の動きが続くとの見通しを示した。

サウジアラビアなど一部の湾岸諸国が自主的な減産をやめたことなどが影響し、OPEC加盟国の7月の産油量は前月比97万バレル増加していたことがロイターの調査で分かった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    処理水見送りにみる菅首相の気質

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。