記事
  • ロイター

グーグルのコロナ接触通知アプリ、米20州・地域が利用「検討中」


[オークランド(米カリフォルニア州) 31日 ロイター] - 米アルファベット子会社グーグルは31日、アップルと共同開発した新型コロナウイルス接触通知アプリについて、米国の20の州・地域が利用を「検討中」だと明らかにした。全米の人口の約45%が対象になる。

グーグルによると、米国外で同社とアップルの技術に基づくこうしたアプリを配布した国・地域は、以前の12から、日本を含めた16に増えた。

このアプリはスマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用し、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性を通知してくれるもの。

5月時点でグーグルは、アラバマ、ノースダコタ、サウスカロライナの3州が接触通知アプリの利用を開始するとの見通しを示していた。ただサウスカロライナ州議会は先月にアプリの配布停止を決定。アラバマ、ノースダコタともまだ配布していない。

グーグルは、「数週間以内」に米国で最初のアプリが配布されると説明したが、具体的にどこの州になるのかには触れなかった。

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  2. 2

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  3. 3

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  4. 4

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  5. 5

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  6. 6

    朝鮮学校への補助金は見直すべき

    赤池 まさあき

  7. 7

    女優の竹内結子さんが死去 40歳

    ABEMA TIMES

  8. 8

    感染増も医師「安心材料増えた」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    未来を憂う若者が叩かれる社会

    たかまつなな

  10. 10

    菅首相らしくない葬儀案の奇妙さ

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。