記事
  • ロイター

ミネアポリス連銀総裁、4─6週間のロックダウン提案 「米経済に寄与」


[ワシントン 2日 ロイター] - 米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため「非常に厳しいロックダウン(都市封鎖)」を4─6週間導入すれば、米経済に寄与する可能性があるとの見解を示した。また、議会には大規模な経済対策を実施する余地が十分にあると指摘した。

同総裁はCBSの番組で、米経済は新型コロナウイルスの感染が抑制された場合にのみ、力強い回復が可能になると強調。

「そうしなければ、この猛威を振るっているウイルスの感染拡大が今後1─2年にわたって全国に広がり、各地で市中感染が発生し、ロックダウンが行われる事態になるだろう。はるかに多くの企業が破産することになり、景気回復はかなり遅れる」と述べた。

また、米国民の貯蓄水準を踏まえ、米財政赤字は海外からの借り入れに依存することなく補填できるため、議会は大規模なコロナ対策を実施できる状況にあるとした。

総裁は「幸運にもまだ職を維持している人々はレストランや映画館に行かず、旅行もしていないため、より多くの資金を貯蓄している」と指摘。「このことはレイオフされた人々を支援する国としての資源がかなり増えていることを意味する」と述べた。

新型コロナ追加対策法案を巡る議会の与野党協議は難航している。ムニューシン財務長官は2日、ABCの番組インタビューで、「労働者と経済を支援する必要があるのは明白だ」とした上で、「将来世代のために多額の債務を積み上げないよう注意しなければならない」と述べた。

しかし、カシュカリ総裁は国内の貯蓄が高水準、金利が歴史的低水準にあるとし「議会はこの機会を利用して米国民と米経済を支援するべきだ。経済が拡大すれば、債務を返済することができるだろう」と語った。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  4. 4

    半沢人気支える? 目力メイクの技

    松田健次

  5. 5

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  6. 6

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  7. 7

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

  8. 8

    「バカ発見器」Twitterの対処法

    御田寺圭

  9. 9

    トヨタ去る若手と年功序列の崩壊

    城繁幸

  10. 10

    茂木大臣の国連めぐる演説に苦言

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。