記事

東京・池袋は中国人マフィアとスパイの巣窟であり、右翼勢力の「反中デモ」は、「公安警察」にとって有難い

◆中国国内での反日デモ、暴動が頻発していることに強く刺激されて、遂に日本国内でも「不穏な動き」が顕在化してきた。とくに右翼勢力は、格好の活動テーマを得て、俄かに元気づいてきている。このため、警察庁・警視庁など「公安当局」は、駐日中国大使館、領事館などの外交官はじめ日本に在住の中国人の身に不測の事態が起こらないよう神経を尖らせている。

 事実、「不測の事態」が起こり得る兆候が現れてきている。その1つが、「ライフル実弾送り付け事件」である。
読売新聞社YOMIURI ONLINEが9月28日午後1時13分、「中国大使館にライフル実弾?届く…警視庁が捜査」という見出しをつけて、以下のように配信した。

 「東京都港区の在日中国大使館に27日、ライフル銃の実弾とみられる金属弾が送り付けられていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁麻布署は火薬類取締法違反容疑で捜査している。同署幹部によると、大使館職員が27日午前11時40分頃、配達された郵便物の中に不審な茶封筒があるのに気付き、通報した。封筒には、紙に包まれた金属弾1個が入っていたが、手紙などは同封されていなかった。差出人は、野田首相の名前になっていたという」

 もちろん、「差出人は、野田首相の名前」と言っても、野田佳彦首相が、こんなバカなことをするわけがない。勝手に使ったのである。これは、「反中感情」を抱く個人ないし団体からの警告と見なくてはならず、次の段階にエスカレートする危険性を十分認識する必要がある。中国共産党1党独裁の政府は、早速、日本政府に抗議している。

CRIonlineが9月28 日午後8時36分、「在日中国大使館に、銃弾入り封筒」というタイトルをつけて、次のように配信している。
「28日、日本駐在中国大使館の楊宇報道官は、前日、大使館にライフル銃の実弾とみられる金属弾が送りつけられたと明らかにしました。現在、日本の警察が封書を調べています。  楊報道官は、「27日昼前、中国大使館に不審な封筒が送られてきたのを大使館の職員が見つけ、警視庁に届け出た。警視庁が調べたところ、封筒の中にライフル銃の実弾とみられる金属弾が1発入っていたという。中国大使館は日本の警察に、適切な措置をとり、中国の日本駐在機関、企業と人員の安全を守るよう要求した」と述べました。(ooeiei、大野)」
 しかし、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と孔子が述べているように、胡錦濤国家主席も野田佳彦首相に「メンツを潰された」と怒り、感情を爆発させるのも、官製の反日・暴動をやり過ぎると、駐日中国大使館、領事館などの外交官はじめ日本に在住の中国人の身に不測の事態が襲いかからないとは限らなくなる。

◆この「ライフル実弾送り付け事件」の2日後の29日午後2時集合、2時30分出発で右翼団体「在特会」(桜井誠会長)が、東京・池袋近隣で反中国を目的とするデモ行進を行った。

「史上最大の反中デモ! 支那反日暴動に怒りの国民大行進in池袋 支那マフィアの巣窟池袋の真ん中で 支那人排斥を! 無差別暴動を起こす凶悪国家支那と国交断絶を!」という触れ込みであった。今後もさらに各地でのデモ行進を計画しているという。

 確かに、池袋辺りは、ここ4~5年、中国人が急増している。これは、1つには、北京政府が、人民解放軍で軍事訓練を受けた中国人男女を日本に「スパイ」として送り込んでいるからでもある。中国は、徴兵制を採用しており、日本に送り込まれる中国人男女はみな、銃器の扱いを徹底的に訓練されているので、北京政府からの指令があれば、いつでも日本国内で蜂起できる。このため、警察庁・警視庁などの公安当局は、中国人の動静に目を光らせている。加えて、人口急増に頭を痛めている北京政府は、とくに整形手術により美人に変身した中国人女性をどんどん日本に送り込み「同化政策」を進めている。美人女性たちは、日本人と結婚して、子供を産み育てて、日本に同化し、人口増加を図り、やがては日本を乗っ取れるほどの大勢力になるという。

 在特会などが主催する「反中デモ」は、警察庁・警視庁などの公安当局にとって、有難いデモである。デモ隊を規制しながら、同時に群集にカメラを向けてシャッターを切り、このなかに紛れ込んでいる中国人スパイを割り出して、動静監視に役立てることがてきるという。

あわせて読みたい

「中国反日デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。