記事

つり革から手を離すと生存率は30%に。電車内で震度7の地震が起きた場合の対処法 - 佐藤和彦/仲西宏之

1/2

東日本大震災や熊本地震など、大きな地震が起こるたび、これまでの悲惨な体験から学び取った知恵がまったく活かされず、同じことを繰り返している日本。

実際に被災した経験を持つ著者は「災害に直面して100%の生存確率はない」とおっしゃっています。ただそのような中でも、発災時にどんな行動をとれば少しでも生存確率が高くなるか、『震度7の生存確率』には巨大地震を生き残るために必要な知識が詰まっています。

近い将来の発生が確実視されている首都直下地震と南海トラフ地震。発災の瞬間にひとりひとりが何をすべきか、本書から抜粋して紹介します。

*   *   *

地下鉄に乗車中、地震に遭遇。その時、あなたは?

通勤に毎日使う地下鉄に乗車していました。通勤時間帯ということもあり車内は混雑していますが、新聞が読める程度の混み具合です。あなたは車両の真ん中あたりでつり革につかまり、立っていました。そこに今まで経験したことのない激しい揺れに襲われました。地下鉄に乗車中なのでよくわかりませんが、震度7はあると思われました。

その時、あなたがとるとっさの行動は?

さて、あなたは何番を選択しましたか?

危険からの回避を示す生存確率は次のとおりです。

(1) 70%
(2) 50%
(3) 30%

この中で最も危険度が低く生存確率を高められる行動は(1)です。震度7の揺れに襲われた場合、実際には激しい揺れに飛ばされた人が宙を飛んでぶつかってくる可能性があるので、その場に踏みとどまることは困難かもしれません。それでも、つり革を全力でしっかりと両手でつかみ、さらに両足でしっかり踏ん張って揺れに飛ばされないことが重要です。足が床から離れても、つり革は1個にふたり以上がつかまっても耐えることができる強度がありますので、つり革を離さずにできる限りの力をふりしぼって握り続けてください。

(2)の行動は一見すると頭部を保護することで身を守れそうに思えますが、片手ではつり革を持つ力が弱まり体ごと飛ばされる可能性が高く、また致命傷となる頭部の保護も片手では十分ではないので(1)の行動よりも危険度が増し、生存確率が低下します。

(3)の行動は危険度が最も高くなります。理由は、列車が動いていて、なおかつ、混んでいる場合にしゃがみ込むと、他の人の下敷きになり圧死または骨折や内臓破裂などの重傷を負う可能性が高くなるためです。混雑の中で下敷きになることの危険性は明石花火大会歩道橋事故の例でも明らかなとおりです。

あわせて読みたい

「電車」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    未だ35% 内閣支持率の高さに驚き

    早川忠孝

  6. 6

    菅義偉内閣を直ちに組閣すべき

    PRESIDENT Online

  7. 7

    政局睨む与野党の駆け引きに辟易

    若林健太

  8. 8

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    前日銀委員 収束前のGoToは無駄

    ロイター

  10. 10

    風俗勤務の女学生 コロナで苦悩

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。