記事

李登輝総統のご逝去を悼む(3)

 李登輝総統は、2008年のはじめての沖縄県訪問の際、「沖縄は他人事とは思えない」と話されていました。

 李登輝総統の米留時代の恩師が、戦時中の米軍が台湾占領を研究していたそうで、結局、台湾占領の為には
3年以上の歳月が掛かることが分かり、沖縄を占領する経緯になった、と知ったからだと話されていました。

 沖縄県を我がことと捉えている姿勢、生き様を感じました。

 「米軍基地を多く抱える沖縄県は、政府の支援なくして生きていけない依存経済の構造が存在しており、米国の先住民に対する連邦政府の政策と酷似している。農業経済をアメリカで研究した自分には良く分かる」とも話されていました。

あわせて読みたい

「李登輝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    イソジン会見 同席医師に違和感

    三田次郎

  2. 2

    藤井7段 最年少17歳で棋聖の凄さ

    大村綾人

  3. 3

    コロナ致死率は世界的に低下か

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    渡部の現在「格闘家みたいな顔」

    SmartFLASH

  5. 5

    「日本は核保有国と共犯」に反論

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    消費税率戻さねば辻褄合わぬ政府

    自由人

  7. 7

    うがい薬問題 誤解の連鎖に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    舛添氏 利権で動く専門家に苦言

    舛添要一

  9. 9

    桑田と荒木 球児への言葉に違い

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  10. 10

    李登輝氏の死去に冷淡な日本政府

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。