記事

李登輝総統のご逝去を悼む(2)

 9回来日されていますが、平成30年6月の最後の来日は沖縄県でした。

 台湾出身戦没者慰霊際に出席するのがその目的で、自ら揮毫された「為國作見證(For the public)」
の石碑の除幕式もありました。

 受け入れ責任であった、日本台湾平和基金会理事長を務める義父の縁もあり、懇親する機会もありましたが、ひたすら沖縄の重要性と、日本精神の素晴らしさと、中国の覇権主義を絶対に甘く見ては絶対にいけないと熱っぽく語られておりました。

 政治的遺言であったと、改めて胸に刻み、腹に落とし込んでいます。

あわせて読みたい

「李登輝」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。