記事

「ベテラン配達員が解説」ウーバーイーツの自転車が危険運転をつづける裏事情

1/2

歩道の真ん中を自転車がまっすぐ突っ込んできた

今年5月12日、自転車の乗り入れが禁じられている首都高で、ウーバーイーツの配達員が走行している姿が目撃された。通報を受けた警視庁高速隊が現場に向かったものの、当の配達員はすでに近くの出口から高速を降り、逃げた後だったという。

コロナ禍に伴う外出自粛要請を受け、この春、飲食店の料理配達代行サービス「ウーバーイーツ」の利用者が急増した。以来、現在に至るまで同サービスの自転車配達員が路上にあふれるようになり、大都市圏では昼夜を問わず、いたる所で大きな四角いバッグを背負った彼らを目にするほどだ。

コロナウイルスアウトブレーク東京

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/rockdrigo68

そうした配達員の中には、交通法規や運転マナーを無視した自己中心的な運転で周囲の歩行者や車両に迷惑をかけたり、最悪の場合、事故を起こしたりする者が少なくない。

私も、ウーバーイーツの配達員から被害を受けた一人である。

4月の末、自宅近くのスーパーの歩道で、自転車がこちらに向かって進んできた。私の左右には誰もおらず、すれ違えるスペースはあった。しかしその自転車は、進路変更せずにまっすぐ突っ込んできたのだ。

アプリをダウンロードしなければ問い合わせすらできない

衝突する寸前で運転者はブレーキをかけたが、それでも私を避けて進もうとはせず、止まったまま。要はこちらに対して〈お前がよけろ〉というわけだ。ここまでされて笑って見過ごすほど私もお人よしではない。すれ違いざま20代前半と思われる運転者をにらみつけると、なんと相手も振り向きながらにらみ返してきたのである。マスクもしていなかったので、その若者の形相ははっきりとわかった。そして背負っていた大きな黒いバッグには、くっきりと「Uber Eats」のロゴがあったのである。

この事故未遂を腹に据えかねた私は、ウーバーの従業員教育に対する姿勢をたださないことにはどうにも気が収まらなかった。そこで公式サイトに当たってみたのだが、問い合わせ先の電話番号はどこにも記載されていない。

よくよく調べると驚いたことに、ウーバーの日本法人に連絡を取るには、ウーバーイーツのアカウントが必要なのだ。つまり、ウーバーイーツの注文客でもなんでもない第三者であっても、ウーバーイーツのアプリをダウンロードし、会員登録した上でなければ、クレームを伝えることができない仕組みになっているのである。それも問い合わせフォームを経由しなければいけない。

まさかそんなはずはないと入念に調べてみると、複数のブログに問い合わせ先の電話番号とされるものが書いてあった。この番号は、公式サイト上にはどこにも記されていない。そこへかけてみたが、現時点では自動音声で「新型コロナウイルス感染症の影響により、電話サポートは一時的に停止させていただいており、アプリのヘルプよりお問い合わせを受け付けております」というメッセージが流れるだけだった。

ウーバーから返ってきたメールはまるで要領を得ない

釈然としない気持ちを抱えつつ、不本意ながらウーバーイーツのアプリをダウンロードし、自分のアカウントを作った。そして問い合わせフォームに歩道上での事故未遂の顛末と、当該の配達員を特定しての厳重注意を求めること、さらに全配達員に対して安全運転教育を徹底すべきだとの要望を記して、送信した。

ところがウーバーから返ってきたメールはまるで要領を得ない。

末尾に記された住所と返信者名から推察すると、オランダ・アムステルダムにあるウーバー海外本部の日本人スタッフが担当しているようなのだが、とにかく毎回、返信担当者が替わる上、こちらの文面を精読しておらず、見当はずれな回答が続くのだ。5往復以上のメールのやりとりをしても、私の身に起きたことやウーバー側に求めていることを理解してもらえず、話が前に進まない。これ以上不毛なやりとりに付き合っていては私の神経のほうがやられてしまうとあきれ果て、結局、ウーバーとの連絡をこちらから絶ったのである……。

自転車配達員を始めてから2年半がたつA氏の証言

なぜウーバーイーツの配達員は、わが物顔で無法運転をする輩が目立つのだろうか?

この疑問の答えを求め、伝手をたどってウーバーイーツの現役自転車配達員A氏に実態を聞かせていただくことにした。

自転車配達員を始めてから2年半がたつA氏。インタビュー場所にも自転車でやってきた。

自転車配達員を始めてから2年半がたつA氏。インタビュー場所にも自転車でやってきた。(撮影=河崎三行)

インタビューの会場は、都内のビジネス街近くにあるファミリーレストランだった。約束の時間より少し早く店の前まで着くと、片側2車線の車道の路肩を逆走(右側走行)してきた自転車が目の前で歩道に乗り入れ、そのままこちらに向かってきた。そして私のすぐ横をすり抜けるように走り去っていった。自転車を操る男は、「Uber Eats」と書かれた四角いバッグを背負っていた……。

だが、その配達員はA氏ではなかった。A氏がやってきたのは、待ち合わせ時間ちょうど。写真撮影もあるだろうからと、わざわざ自分が普段の配達で使っているバッグも持参してくれていた。彼のバッグは、形こそ他の配達員が使っているものと同じだが、背面にロゴがない。ウーバーが配達員に支給(正確には有償貸与)するバッグにはいくつか種類があって、ロゴなしのバージョンもあるらしい。

A氏は自営業とのWワーク。副業としてウーバーイーツの自転車配達員を始めてから、2年半がたつ。同サービスの日本上陸が2016年9月だから、相当なベテランだ。

「ここまで続いている最大の理由は、週単位で報酬が振り込まれる金払いの早さと、自分の都合のいい時、気が向いた時に稼働できる勤務時間のフレキシブルさですね」(A氏。以下同)

かといってウーバーイーツの仕事に心底ほれ込んでいるわけではなく、配達員の労働環境の劣悪さにはかなり批判的だ。つまり、是々非々の立場で自らの副業と対峙している。

「アカウントを作り、バッグを入手すれば、すぐに始められる」

そんな彼でも、ウーバー配達員の中で運転マナーの粗暴な者を見かける割合は、以前も今もさほど変わらない印象らしい。

「ただ、新型コロナの影響でバイトや仕事を失う人が続出し、その一方でフードデリバリーの需要が高まったので、以前に比べてウーバーイーツの配達員が5倍ほどに急増しました。つまり分母が増えたので、比率は同じでも、危ない運転をする配達員の絶対数は確かに増えています。その上、あの大きなバッグを背負っているので、余計に目立ってしまう」

そもそもウーバーの仕事は、運転マナーが荒くならざるを得ない状況の上に成り立っているのだと彼は言う。

まず、乗り物で公道を走ることが前提の仕事なのに、ウーバーでは自転車配達員に対する安全運転教育がほとんど行われていないのである。

「就業前、ビデオや座学といった講習を受ける義務はありません。配達員専用のアプリを落として自分のアカウントを作り、例のバッグさえ入手すれば、すぐに仕事を始められます。一応、毎回の始業前に配達員用アプリを立ち上げる際、交通安全に関する注意事項が出てきて、文末の『同意します』を押さないと業務を開始できない仕組みにはなっています。ただ、配達員が事故を起こしたり事故に遭ったりしても、『このようなことがあったので他の配達員も注意して運転するように』といった注意喚起を受けたことはありません。あってもいいと思うのですが……」

注文してから届くまで2時間近くかかることもある

そして配達員は商品を届けた後、注文客によって満足度評価を受けることになっているのだが、この制度も悪質運転が続出する一因になっている。

料理がこぼれたり崩れたりしていない限り、評価の基準になるのは主に、配達完了までに要した時間だ。大半の客は、ウーバーイーツのアプリで商品を注文した時点で、実店舗にも『注文が通った』と思うはずだ。アプリ上には、注文を受け付けた旨の表示が出るからだ。しかし実際には注文を受けてから、その客に商品を届ける配達員を決めるまで、ウーバー側には最大30分の猶予がある。その間、ウーバーは当該店に最も近い場所にいる配達員から順に〈この店での商品受け取りと配達を引き受けてくれないか〉とアプリを通じて打診する。その打診を引き受ける配達員が現れた時点でようやく、『注文が通った』ことになるのだ(30分以内に担当配達員が見つからなければ、注文自体がキャンセルされる)。

「ところが打診を断る者が続出すると、最終的に店からかなり遠い場所にいる配達員が引き受けることがあるんです。そうなったら、配達員が決まるまでに30分近くを要した上に、離れた店まで商品を取りに行く時間がかかってしまいます」

しかも人気店だとオーダーが立て込んでいて、店に到着してからも配達員が待たされることがある。それやこれやが重なると朝や昼といった繁忙時間帯には、客が注文してから商品が届くまで2時間近くかかってしまうこともあるという。

あわせて読みたい

「UberEats」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    蔡総統が日本人に感謝「強い絆」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    アイリス新卒採用を640名に拡大

    Ledge.ai

  3. 3

    北欧の集団免疫策 本当に失敗か

    幻冬舎plus

  4. 4

    未だ第1波の教訓も生かせぬ日本

    門田隆将

  5. 5

    鎌倉時代に略語? 「を」で返事か

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    安住淳氏の分を超えた発言に呆れ

    鈴木宗男

  7. 7

    米倉涼子 収入3分の1報道一蹴か

    女性自身

  8. 8

    人の時間は無駄 非情なユニクロ

    文春オンライン

  9. 9

    強い女性描かれぬオタク向け作品

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    中国が日本のFOIPを強く警戒か

    SYNODOS

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。