記事

最大の加害者が国民自身というコロナ人災〜悪いのは政治家でもメディアでも企業でもない新人災

コロナは新しい災害だ。
それは国民自らが加害者であるという点が今までにほとんどない人災。

人災の加害者は、たいがいは政治家であったりメディアであったり企業だったりする。
そして国民は人災の被害者だ。

しかし、コロナは違う。
もちろん、政治家やメディアも悪い部分はあるが、コロナ人災の一番の加害者は国民自身だ。

科学的論理的のコロナ状況を判断せず過剰にこわがりすぎるだけでなく、特に地方では相互監視やいやがらせにより経済に大打撃を与えている。

国民自身がコロナという風評被害をまきちらし、自らを苦しめるという新しい人災だ。

7月のコロナ感染者増騒ぎで国はコロナ人災を巻き起こすことなく冷静に対応しているが、国民自らが過剰にこわがりすぎているせいで経済がめちゃくちゃになっている。

このままだと失業者・休業者が1000万人ぐらいは出て、もはや経済社会は成り立たなくなるのではないか。

行き過ぎた資本主義を見直す絶好の機会ではあるものの、過剰にこわがりすぎた国民のせいでお金持ちの国民以外は、ほとんどが大被害を受けるという途轍もない人災だ。

過剰にこわがればこわがるほど、どんどん経済は死に国民自身の生活はどんどん苦しくなり、さらには税収大激減により公的支援がどんどん削られるか、税金をばらまけばばらまくほど日本円の価値が下がって大混乱になる可能性も出てくる。

経済がめちゃめちゃになれば死人が1000人などでは済まなくなる。

政治家が悪いのではない。
メディアが悪いのではない。
企業が悪いのではない。
国民自らがコロナ人災の最大の加害者なのだ。

特に地方はコロナ差別やコロナ相互監視をやめないと、ただでさえ少子高齢化で沈没する地方は立ち直れないほどの大衰退を招くだろう。

コロナ人災の加害者にならないようコロナを過剰にこわがりすぎるのをやめないと、自らの生活を困窮させることになるだろう。

STOP コロナ人災。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    乳首にシール貼らせ? 逮捕の社長

    阿曽山大噴火

  2. 2

    コロナで「地方の息苦しさ」露呈

    内藤忍

  3. 3

    コロナの恐怖煽り視聴率を稼ぐTV

    PRESIDENT Online

  4. 4

    田原氏 取材者がTVで訴える意義

    たかまつなな

  5. 5

    管楽器が演奏できるマスクが発売

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    漢見せた玉木氏 大化けの可能性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    反体制派を一斉弾圧 中国の狙い

    ABEMA TIMES

  8. 8

    周庭氏の力 新たな目線が中国に

    倉本圭造

  9. 9

    日本企業は本社を地方に移転せよ

    川北英隆

  10. 10

    英王室兄弟の仲を引き裂いた一言

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。