記事
  • ロイター

ドル上昇、7月は10年ぶり大幅下落=NY市場


[ニューヨーク 31日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、このところ大きく下落していたドルに対する買い戻しが入り、ドルは上昇した。

主要6通貨に対するドル指数<=USD>は7月は4.1%下落。1カ月の下落率としては2010年9月以来の大きさとなった。新型コロナウイルス感染の再拡大のほか、一部経済指標で米景気回復の失速が示されたことが重しとなり、7月の下落の大部分は最後の10日間のものだった。

この日発表の経済指標では、6月の個人消費支出(季節調整済み)が前月比5.6%増と、2カ月連続で伸びた。インフレ調整後の個人消費は5.2%増。5月は8.4%増だった。

これを受け、ドルは上昇。ドル指数は一時は92.539と、18年5月以来の低水準を付けたものの、その後は上向き、終盤の取引では0.6%高の93.377。

BKアセットマネジメント(ニューヨーク)のマネジングディレクター、ボリス・ショレスバーグ氏は「金利低下でドルの魅力は凋落している上、市場ではドルを巡る政治リスクも意識され始めている」と指摘。「この日は若干のショートカバーが入ったに過ぎない」と述べた。

ユーロ/ドル<EUR=EBS>は0.51%安の1.1786ドル。欧州連合(EU)統計局が発表した第2・四半期の域内総生産(GDP)速報値は前期比12.1%減と、現行方式で統計を取り始めた1995年以来、最大の減少となった。ただユーロ相場に大きな影響は出なかった。

ドルは円<JPY=EBS>に対し一時4カ月半ぶりの安値を付けたが、終盤の取引では1%高の105.77円。

英ポンドは対ドル<GBP=D3>で0.03%高の1.3097ドル。

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  3. 3

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  4. 4

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  5. 5

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  9. 9

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  10. 10

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。