記事

コロナ禍の“自粛要請”で浮かび上がった「同調圧力」、背景には日本特有の「世間」の存在


 新型コロナウイルスの感染拡大防止策である休業や外出の“自粛”と、その“要請”から浮かび上がってきたのが、日本特有の「同調圧力」の強さだった。

・【映像】正義感? 使命感? パチンコ自粛警察が"顔出し出演"

 「世間学」を研究してきた法学者の佐藤直樹・九州工業大学名誉教授は「おそらく世界で最も同調圧力が強い国が日本だと思う。その原因は、“世間”だ。これは世界中で日本にしかないと考えている。実は1000年以上前の万葉集にも、ほとんど今と変わらない意味で出てくる。今はスマホなどの電子的なコミュニケーション手段も発達しているが、世間という人間関係の作り方、それにがんじがらめに縛られていることは変わらない。だからこそ治安がいいし、同時に自殺率が高い」と話す。

 「よく“空気を読め”というが、読まないと“はぶられる”ということ、これがものすごい同調圧力になっている。会社などでも、自分の仕事が終わっても同僚が残っていると何となく帰りづらい。そういう空気を感じると、破ることができない。これが過労死につながっていく。英語では“karoshi”というが、これも、海外では基本的に過労死がないからだ」。

 佐藤氏は、「自粛警察」が生まれる背景にも、この「世間」があると考えているという。「海外であれば、“他人と違う個性的な人間になれ”と言われ育つが、我々日本人は“他人に迷惑をかけない人間になれ”と言われて育つ。そうすると、“違法でも何でもないが、とにかく自粛要請に応じないパチンコ屋さんは人に迷惑をかけている、これはとにかく良くない”、ということになる。そして“世間が許さない”“自分は世間の代わりにやっているんだ”という発想になるということだ。そういうものが根底にあり、自粛警察を正当化する理由にもなっていると思う」。

 さらに「ヨーロッパで、ペットの散歩のためなら外出してもいいと条件付きで認めたところ、動物の着ぐるみを着て出てきた人がいた。もちろん警察に注意されたわけだが、彼らはそれを楽しんでいる。それは、世間がないからだ。しかし、世間のある日本で同じことをやったら、皆に叩かれるだろう。SNSで名前を晒されたかもしれない。“出る杭は打たれる”、だ。日本の社会はものすごく同質的なので、ちょっと違っている人間がいじめの対象になる」と話していた。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)

▶映像:正義感? 使命感? パチンコ自粛警察が"顔出し出演"

あわせて読みたい

「自粛警察」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河井氏裁判の修羅場 秘書は号泣

    文春オンライン

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    中国で男女比ごまかす統計改竄か

    団藤保晴

  4. 4

    米国民の本音「トランプ氏勝利」

    WEDGE Infinity

  5. 5

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    「河野大臣は常識ない」に違和感

    早川忠孝

  8. 8

    アルコール依存症巡る報道に苦言

    藤田孝典

  9. 9

    菅首相の沖縄への態度にドン引き

    文春オンライン

  10. 10

    経済回復は過剰な恐怖払拭が必要

    先見創意の会

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。