記事

JR東海の経営問題

JR東海が初の営業赤字と報じられた(日経)。売上高は1287億円と前年同期に比べて73%減った。最終損益は726億円の赤字(前年同期は1313億円の黒字),本業の売上の落ち込みが原因なだけにかなり深刻だ。

新幹線の空き状況というかガラガラさを見ればやっぱり,という感じだが,問題は新型コロナの影響がどこまで続くかだ。

ハーバード大学の4月報告書のとおり2年続く(朝日)とすれば,赤字幅は大きく膨らむであろうし,その間に生活スタイルが大きく変わり,仮に終息を見たとしても出張を中心に継続的に客足が落ち込むことも予想される。

元々リニアの採算性は危うく,2013年当時には当のJR東海社長が「絶対にペイしない」と発言して物議を醸した。そのころ,経営見通しに関して疑問を呈する記事が幾つか出たものだ(東洋経済:https://toyokeizai.net/articles/-/189823,Business Journal:https://biz-journal.jp/2014/06/post_5063.html)。

何しろ,競合するのは自社のドル箱である新幹線。乗客の半数以上は新幹線客の乗り換えを見込んでいるところ,その新幹線客自体が減少するのであれば,共倒れの可能性もある。

さらに,リニア工事も遅れている。その原因については,静岡県だけが悪者視されているが実は各所で工事上の問題が噴出している。

三菱重工業の重荷となっていて「飛ばない翼」とさえ言われているMRJ(日経ビジネス)の二の舞となる恐れもあるだろう。

今後も継続して客足が回復しなければ,これをカバーするために新幹線の運賃値上げが検討課題に上ることは確実。難工事による工事費上昇も負担増となろう。

そして,開業すればしたで二重の運行コストものしかかってくるから,とても当時の想定のとおり,新幹線料金に少し上乗せ程度では済まないだろう。勿論,新幹線料金も上がらざるを得ない。

なぜ今これを言うかといえば,リニアに引っ張られて東京・大阪間の輸送コストが上がることにより国民全体の移動コストが上昇し,日本の競争力の低下と国民所得の実質的低下に繋がることが懸念されるからだ。

心配なのは,一度始めたプロジェクトは何が何でも進めてしまう日本人の特性。勝つ見込みのない第2次大戦に突っ込んでいったのがその象徴。その癖が直っていないことは先のMRJの事例からも窺われる。
東海道新幹線を運営するJR東海は日本に残された数少ない優良企業であり,新幹線の安全性と確実性は日本の誇りでもある。

その折角の宝が,見通しの誤りで万が一にも傷つくことのないよう,リニア事業は一度止まって見直すことも必要だろう。フランスだってコンコルドを諦めたのだから。

あわせて読みたい

「JR東海」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  3. 3

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

  4. 4

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  5. 5

    ジェンダー問題の被害者?“おじさん上司”にも存在する生き辛さ

    ABEMA TIMES

    05月17日 09:23

  6. 6

    本仮屋ユイカ 有村騒動で涙…1ヵ月半で破綻した信頼関係

    女性自身

    05月16日 22:58

  7. 7

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  8. 8

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  9. 9

    企業でいえば万年課長 大臣の一言でいつでも飛ばされる官僚はつまらない商売か

    ヒロ

    05月17日 10:54

  10. 10

    東京オリンピック 強行しても拭えない「穢れ」の印象

    柴那典

    05月17日 08:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。