記事
  • ロイター

香港の住宅価格、6月は0.1%上昇に鈍化 政治の不透明感で


[香港 31日 ロイター] - 香港の6月の民間住宅価格は0.1%上昇した。前月の2.2%上昇から伸びが鈍化した。新型コロナウイルスの流行や政治の先行き不透明感が背景。

香港の住宅市場は今年、不安定な値動きが続いている。2月と4月は下落、その他の月は上昇しており、上半期では1.8%上昇した。

不動産コンサルティング会社ナイト・フランクのエグゼクティブディレクター、トマス・ラム氏は「現在の不動産市場は非常に奇妙だ。住宅価格は高止まりしているが、賃料は景気低迷ですでに低下している」と指摘した。

6月は、中国政府の香港国家安全維持法を巡る懸念で、住宅価格が伸び悩んだ。

複数の不動産代理店によると、7月初旬に新型コロナの感染が再拡大し、市場心理が悪化。社会的距離を保つ政策を受けて、マンションの見学者が減った。

ラム氏は、景気後退に伴い、第4・四半期に消費者の購買力低下が鮮明になり、住宅価格に下落圧力がかかると予想している。

ただ不動産代理店によると、累積需要は多く、金利も低いため、住宅価格が大幅に調整する可能性は低い。

不動産開発大手ハンルン・プロパティーズ<0101.HK>は30日、新型コロナの流行で上期の住宅取引件数が減少したと表明。今後さらに調整が起きる可能性があるとの見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  2. 2

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  3. 3

    「半沢直樹」描かれる銀行の今昔

    大関暁夫

  4. 4

    半沢の元ネタ 大臣は前原誠司氏

    SmartFLASH

  5. 5

    マスクで重症化予防説 医師解説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    深夜の出迎えに河野氏「ヤメレ」

    女性自身

  7. 7

    宗男氏 野党の新内閣批判に反論

    鈴木宗男

  8. 8

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

  9. 9

    正恩氏の動向を報道中に北で停電

    高英起

  10. 10

    菅首相は本当に叩き上げ苦労人か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。