記事
  • ロイター

AGC、コロナで営業益875億円下押し ガラス事業は工場統廃合検討

[東京 31日 ロイター] - AGC<5201.T>は31日、2020年12月期(国際会計基準)の連結営業利益が前年比60.6%減の400億円にとどまるとの見通しを発表した。5月時点では通期業績を非開示としていた。自動車や建築用ガラスを中心に新型コロナの影響を受け、875億円の下押し要因になるとみている。ガラス事業においては、欧米を中心に工場の統廃合を含む生産の効率化に取り組む方針。

リフィニティブがまとめたアナリスト8人の営業利益予想の平均は596億円となっており、会社計画はこれを下回った。

連結売上高予想は同11.1%減の1兆3500億円。新型コロナにより2170億円のマイナス影響を受ける。

島村琢哉CEO(最高経営責任者)は会見で、ガラス事業は市場回復まで2―3年かかるとし「欧米で工場の統廃合をして、生産の効率性を上げていく」と述べた。すでに、欧州ガラス事業本社およびチェコ・クデリチェ(自動車用ガラス工場)で約1000人の人員削減の実施を決定。今後も追加的な構造改革費用が発生する可能性があり、純利益の見通しは、引き続き、未定としている。

一方、ライフサイエンス事業やエレクトロニクス事業といった戦略事業は、順調に推移している。ライフサイエンス事業の20年の売上高は750億円の見込み。M&Aを含めた積極的な投資により、当初目標だった2025年の売上高1000億円は、2―3年前倒しで達成できる見込みにあるとしている。

(清水律子)

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  3. 3

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    竹中氏「月7万円給付」は雑すぎ

    藤田孝典

  5. 5

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「バカ発見機」Twitterの対処法

    御田寺圭

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  9. 9

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  10. 10

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。