記事
  • ロイター

ノキアの第2四半期は予想外の増益、コロナで売上高は減少


[ヘルシンキ/ストックホルム 31日 ロイター] - フィンランドの通信機器メーカー、ノキア<NOKIA.HE>が発表した第2・四半期決算は、売上高が減少したものの実質利益は予想外に増加した。最高経営責任者(CEO)交代を前に利益率の低い事業を縮小したことが背景。

売上高は11%減の50億9000万ユーロ。リフィニティブが集計したコンセンサス予想(52億8000万ユーロ)を下回った。

ノキアは市場シェア見通しを下方修正。今週末退任するラジーブ・スリ最高経営責任者(CEO)は電話会見で「売上高は市場全体に比べて弱いだろう」と述べた。同社は5G通信分野で中国の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]やスウェーデンのエリクソン<ERICb.ST>に後れをとっている。

新型コロナウイルスのパンデミックで上期純売上高は約5億ユーロ(5億9400万ドル)押し下げられたと試算。スリ氏は声明で「第2・四半期に失った売上高は今後にシフトする見通し」としている。

第2・四半期の1株当たりの実質利益は0.06ユーロで前年同期(0.05ユーロ)を上回った。リフィニティブが集計したコンセンサス予想は0.03ユーロだった。

ノキアは、2020年の実質1株利益予想を0.18─0.28ユーロから0.20─0.30ユーロに引き上げた。

スリ氏はノキアを退社し、後任にはペッカ・ルンドマルク氏が就任する。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枕営業NGが…少女に欲情し犯罪へ

    阿曽山大噴火

  2. 2

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  3. 3

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

  4. 4

    山尾氏が比例1位 新立民へ配慮か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    なぜベーシックインカム論再燃か

    ヒロ

  6. 6

    菅政権攻勢 石破氏に出番あるか

    早川忠孝

  7. 7

    JRの安全を脅かす強引な人事異動

    田中龍作

  8. 8

    憂いなく孤独死できる未来考えよ

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    GoToで満室 観光協会が喜びの声

    山本博司

  10. 10

    都構想 不都合は語らぬ説明会

    柳本顕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。