記事

15歳で「イスラム国」に出奔「ジハードの花嫁」の英国「帰国」は許されるか - 国末憲人

1/2

[画像をブログで見る]

 英国の欧州連合(EU)離脱を巡る昨年後半の騒ぎから、今年に入っての「新型コロナウイルス問題」へと、欧州での関心が目まぐるしく変化する中で、以前しきりに叫ばれた「テロの脅威」を最近、あまり耳にしない。

 シリアからイラクにかけて一時広大な支配地を確保した過激派組織「イスラム国」が昨年事実上崩壊し、彼らが支援するテロリストの動きも沈静化したことで、大規模テロの恐れは遠のいたと思われている。

 実際、散発的な出来事ならともかく、2015年にフランスで相次いだ風刺週刊紙『シャルリー・エブド』襲撃事件やパリ同時多発テロのようなスペクタクルを準備する余力は、彼らに残っているようには思えない。

 ただ、欧州でのイスラム過激派のネットワークはこれまでも10年、20年の単位で伸縮を繰り返しており、細々と続く水脈が将来息を吹き返さないとも限らない。その点で気を緩めてならないのは、欧州各国から「イスラム国」に渡航した若者たちの動向である。

 多くは戦闘やテロですでに命を落としたが、その一部はシリアやイラクで拘束され、帰国する機会をうかがっている。

 人道的な見地から、欧州各国では彼らを受け入れるよう求める声が根強い。実際、彼らの大部分は「イスラム国」の現実に幻滅し、欧州社会への復帰を望んでいると考えられる。

 ただ、安易な受け入れは、将来の大規模テロにつながる素地を培うことになりかねない。

 帰国させるか否か、それが極めて深刻な問題となっているケースは、かつて本欄『「イスラム国崩壊」で仏政府が困惑する「元過激派」の帰還』(2018年1月17日)でフランスを例に紹介した。

 同様の問題を、多くの戦闘員やテロリストを出した英国も抱えている。その議論を再燃させる出来事が最近あった。英国での生活を捨てて「イスラム国」に走った女性、いわゆる「ジハードの花嫁」であるシャミマ・ベグムに対し、英裁判所が帰国への道を開いたのである。

「イスラム国」崩壊後にシリア国内で拘束され、英国への帰還を望んでいたベグムに対し、英当局は彼女の国籍を剥奪することで帰国を阻もうとした。しかし、英控訴院は7月16日、

「自らの立場を主張する機会を与えられないままに彼女が国籍を奪われるのは不当」

 との判断を下し、彼女に裁判の機会を与えるよう求めたのだった。

女性過激派に勧誘された3人組

 シャミマ・ベグムは1999年8月生まれであり、まだ20歳に過ぎない。しかし、その動向は英語圏のメディアを通じて広く伝わり、各国で高い関心を集めてきた。

 バングラデシュ系の両親のもと英国で生まれ、ロンドン東部のベスナル=グリーンで育った。バングラデシュ系の巨大なコミュニティが広がる地域であり、イスラム教徒の割合も多い。

 日本だと中高生にあたる生徒を受け入れる男女共学の大規模校「ベスナル=グリーン・アカデミー(現マルベリー・アカデミー・ショアディッチ)」に通っていた。

 どこにでもいる女生徒に過ぎなかったベグムは、15歳になって突然、ニュースの中心に躍り出た。2015年2月17日、同じ学校の友人であるアミラ・アバーズ、カディザ・スルタナとともに、「イスラム国」に出奔したのである。

 普段着の3人がロンドン・ガトウィック空港のゲートをくぐる写真は世界に配信され、「わずか15歳の少女が……」と衝撃を呼んだ。3人は、通っていた学校名から「ベスナル=グリーン3人組」と呼ばれた。自宅から宝飾類を持ち出して、イスタンブールまでの飛行機代を捻出したという。

 彼女らは、グラスゴー出身で2013年に「イスラム国」入りした女性過激派アクサ・マフムードと連絡を取り合っていたと考えられ、このルートを通じて勧誘された可能性が高い。

「ベスナル=グリーン・アカデミー」からは、3人組の友人だったシャーミーナ・ベグムもその直前の2014年12月、やはり「イスラム国」に渡航しており、示し合わせていた可能性がある。

 なお、本稿の主人公であるシャミマ・ベグムとシャーミーナ・ベグムとは、姓が同じだが姻戚関係はうかがえない。本稿で「ベグム」という際はシャミマのことである。

 英国から「イスラム国」への若い女性の渡航はこの後も相次ぎ、英紙『インディペンデント』によると、2015年の1年間で56人に達したという。

 3人組は「イスラム国」の首都ラッカに入った。しかし、取り巻く環境はこの頃から急速に厳しくなった。この年11月、「イスラム国」は130人の犠牲を出したパリ同時多発テロを起こし、各国勢力による激しい攻撃を受けるようになっていた。

 3人組のうちの1人スルタナはソマリア系米国人男性と結婚したが、間もなく夫を戦闘で失った。早くから渡航を後悔し、家族に連絡を取って英国への帰国を望んだものの、オーストリア人の女性が逃亡を試みて撲殺されるのを目にして諦めたという。スルタナは2016年5月、空爆に遭って死亡した。まだ17歳だった。

 アバーズは豪州出身の男と2016年7月に結婚したが、夫は間もなく空爆で死亡した。英紙『デイリー・メール』によると、アバーズの母親は周囲に「娘も2017年に空爆で死亡した」と語っており、英捜査当局も彼女が死亡したと考えているという。

 ただ、「イスラム国」最後の拠点となって昨年3月に陥落したシリア東部バグズにアバーズがいた、との情報をシャミマ・ベグムがその後耳にしており、真相は定かでない。

15歳で割り当てられた夫

 そのベグムは長らく消息が不明だったが、戦争を生き延びたようである。昨年2月、クルド人勢力が管理するシリア北東部のアルハウル難民キャンプで、英紙『タイムズ』のインタビューに応じた。

 これによると、彼女はラッカ到着後、「ジハード戦士」との結婚を待つ女性たちの施設に入れられた。夫として彼女に割り当てられたのは、オランダ東部アルンヘム出身のイスラム教改宗者ヤゴ・レディックだった。

 結婚は、ラッカ到着から10日しか経っていなかった。もっとも、この時彼女はまだ15歳であり、当然ながら英国だと正式な結婚とは認められない。

 夫は以前、シリア北部コバニでの戦闘で負傷していたが、結婚後間もなくスパイとしての嫌疑をかけられ、半年あまりにわたって刑務所に拘束されて拷問を受けたという。何とか出所した後、2017年1月に2人はラッカを離れ、東部マヤディーン近くに移った。ベグムはそこで空爆を受け、軽いけがを負った。

「イスラム国」は敗色濃く、夫婦はさらにユーフラテス川を下り、南東のイラク国境方向に逃れた。それまでに長女と長男が生まれたが、長男は生後8カ月で原因不明の病気にかかって亡くなった。地元の病院に連れていったものの、薬もない状態だったという。

 追い詰められた一家は、「イスラム国」最後の拠点となるバグズに逃げ込んだ。一家はそこで、1歳9カ月になった長女も病気で失った。ベグム自身は3人目の子どもを身ごもっていた。

 バグズの「イスラム国」社会は、最後まで戦おうとする人々と、投降しようとする人々との間で割れていたという。3人目の子を何とか産もうと考えたベグムは、夫と別れてまだ暗いうちにバグズを逃れ、アルハウルのキャンプに収容された。

 インタビューを受けたのは、それから2週間後のことである。夫レディックとは以後、会っていないという。

「ここに来たことを後悔はしていない。ただ、ここにいると、生まれてくる子どもも他の2人のように死んでしまう。今は英国に戻りたいだけ」

 と彼女は話したという。また、「イスラム国」については、

「虐待や腐敗が多すぎて、うまくいくとは思えなかった」

 と批判した。

 もっとも、「イスラム国」と距離を置くこうした発言は、保身のためである可能性も捨てきれない。ベグム自身は被害者としての立場を強調しているものの、実は積極的に過激な行為に加担していたのでは、との疑いも持たれている。

 英紙『サンデー・テレグラフ』は、ベグムが「ヒスバ」と呼ばれる「イスラム国」の道徳警察に所属し、シャリア(イスラム法)違反の女性を取り締まっていた、と報じた。

 また、『インディペンデント』は不確かな情報としながらも、戦闘員に自爆ベストを縫い付けて脱げないようにする役割を彼女が担っていた、との証言を伝えている。

 なお、夫のレディックはバグズで投降し、別の難民キャンプに収容された後、英『BBC』のインタビューに応じて、

「妻と子とともにオランダに戻りたい。自分がしたことには責任を持ち、処罰を受ける」

 と述べた。ベグムが15歳の時に結婚したことについては、

「彼女の年齢を考えると結婚したいと思わなかったが、その申し出を受け入れた。それ以外に選択肢はなかった」

 と弁明した。

 オランダ政府はその時点で、帰国したい元戦闘員に対して支援をするつもりはないことを表明していた。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。