記事
  • ロイター
  • 2020年07月31日 15:05 (配信日時 07月31日 16:31)

仏GDP、第2四半期は-13.8%で戦後最悪 予想ほど落ち込まず


[パリ 31日 ロイター] - フランス国立統計経済研究所(INSEE)が31日発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値によると、伸び率は前期比マイナス13.8%となった。5月11日まで続いた全国的な厳しいロックダウン(封鎖)が影響した。

INSEEが今月に入り予測した17%減よりは小幅なマイナスとなった。ロイター調査によるエコノミスト予想は15.3%減だった。

第2・四半期のGDP伸び率は戦後最悪。ロックダウンを受けて、消費、投資、貿易のすべてが落ち込んだ。

ロックダウンは第2・四半期中に段階的に緩和され、6月2日にはカフェやレストランの営業再開が認められた。

アリアンツのチーフエコノミスト、Ludovic Subran氏はツイッターで「それほど悪くない数字だ。われわれはマイナス16%を予想していた。ロックダウンの緩和が寄与した」と述べた。

INSEEは、第1・四半期のGDPを5.3%減から5.9%減に下方修正した。ロックダウンは3月17日に導入された。

フランス経済は3四半期連続のマイナス成長となった。昨年第4・四半期は全国的なストライキの影響で0.2%のマイナス成長を記録していた。

INSEEは今月、第3・四半期のGDPを19%増、第4・四半期のGDPを3%増と予想した。

第2・四半期は家計消費が11%減、企業投資が17.8%減、輸出が25.5%減、輸入が17.3%減となった。

建設部門が24.1%減と、特に大幅な落ち込みとなった。

フランスほど厳しいロックダウンを導入しなかったドイツの第2・四半期のGDP速報値は、季節調整済みで前期比10.1%減だった。

アナリストは、ドイツではロックダウン中も建設作業が認められていたため、フランスよりも小幅なマイナス成長にとどまったとの見方を示している。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    東京の飲食店は来週月曜日からどう変わる?

    内藤忍

    06月19日 16:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。