記事

北京駐在日本人が「コロナ禍は日本の方が危ない」と言う理由

中国人は政府を信用していないからこそ自主的に動いた、という見方も

 新型コロナ感染の再拡大で危機感が高まる日本とは対照的に、発生源である中国では一応の抑え込みに成功しているように見える。両国の違いはどこにあるのか。『新型コロナVS中国14億人』(小学館新書)の著者で経済ジャーナリストの浦上早苗氏によると、北京駐在の日本人は半年前からこの事態を予見していたという。

 新型コロナは、どの国や組織にも存在する脆弱さを突いて増殖しているように見える。今回の感染拡大を教訓に、野生動物を食べる文化を変えたいと望み、手洗いや消毒が徹底される今の中国社会を「持続してほしい」と考える中国人は少なくないが、長年受け入れられてきた文化だけに、根本から見直すのは簡単ではない。

 日本では、会社優先のカルチャーと、あいまいな指示伝達、そして非常事態でも非常時モードに行動を切り替えられない慣性の強さによって、傷口が広がったように見える。

「帰国命令が出たんです。仕方ないですが、3月頭に日本に戻ります」

 日本の大手IT企業の会社員で、北京に駐在する山内さん(仮名・50)は2月下旬、嫌々といった表情だった。山内さんは春節(1月25日)を日本で過ごし、新型コロナがまさに中国全土に拡大していた1月26日に北京に戻ってきた。その頃は早く日本に戻りたいと思っており、「だけど北京の現地社員を見捨てて帰ったと思われると関係が悪くなるから、本社が帰国を命じてくれればいいのに」と考えていた。

 ところが北京での仕事が再開すると、次第に「日本の方が危ないのではないか」と感じるようになった。

 2月14日までは在宅勤務で、食事も宅配を注文し、一歩も外に出なかった。この頃、宅配で受け取った弁当には応援メッセージが添えられることもあった。17日からは週に2度ほど出社しているが、オフィスを数時間ごとに消毒し、会社が費用を負担して弁当を配達してもらっている。

 同じ頃、日本ではクルーズ船で多数の感染者が確認され、市中感染も広がり始めた。にもかかわらず、日本人から危機感は伝わってこなかった。日本の本社でもテレワークが導入されたが、社員の山内さんの目には「政府に言われたからそうした」ように見えた。

 自分への対応も同様だった。山内さんが本当に危険を感じているとき会社は静観モードで、外務省が一時帰国を強く推奨すると、ようやく帰国命令を出した。

「中国人の部下たちにも『一番大変な時期を中国で頑張って、せっかく落ち着いてきたのに、日本の方が危ないですよ。マスクあげましょうか』と言われます」

 悩んだ末、山内さんは日本に帰らないことを決めた。帰国の決裁を待っている1週間に、日本ではさらに感染が広がり、「日本の方が感染リスクが高いし、今帰国したら、中国に当面戻れなくなるかもしれない」と感じたからだ。会社とはもめたが押し切った。

「2月に北京のオフィスに出社したときはマスクだけでなくゴーグル、使い捨て手袋をつけていました。帰宅したら即手洗い、シャワー、着ていたものの洗濯です。日本人は『中国怖い』と言いますが、日本の方が無防備すぎて恐ろしいですよ」

 北京では3月に入って新たな感染者はほとんど出なくなっていたが、代わりに海外からのウイルスの持ち込みが増え、同月16日には、海外から北京入りする人は全て、自費での2週間隔離が義務付けられた。

「やっぱり日本に戻らなくてよかった」と言いながら、山内さんは母国のやり方を批判した。

「日本は民主主義だから中国のようなやり方は無理だろうと知り合いにもかなり言われました。それでも、イタリアだってアメリカだってやっている。短期終息のためにはインフラ以外を一旦全部閉じるしかない」

 4月7日に緊急事態宣言が出た日本とは対照的に、中国は4月4日の追悼式典で一区切りがついた雰囲気があると山内さんは説明する。

「日本は間違ったシグナルを出しすぎですよね。緊急事態宣言してもわざわざ欧米のロックアウトとは違うと言ったり、3月頃には若者はかかっても軽症だと言って油断させたり緊急事態を宣言したのに休業要請は2週間待ってとか、何のための緊急事態宣言ですか? 母国、しっかりしてよと思います。中国は4月初旬の3連休にかなり人が増えましたが、中国人はまだ油断していません。日本人は何でも政府頼みですが、中国人は政府を信用してないからこそ、自分たちで判断する傾向が強いです」

◆浦上早苗著『新型コロナVS中国14億人』より抜粋。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  9. 9

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  10. 10

    安倍首相 帰省めぐる齟齬はない

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。