記事
  • ロイター

ドル下落、トランプ氏の大統領選延期発言で=NY市場


[ニューヨーク 30日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、このところのドル下落が継続。トランプ大統領が大統領選延期の可能性に言及したことを受けた。ユーロは2年ぶり水準に上昇した。

トランプ米大統領は30日、ツイッターへの投稿で郵送投票を改めて不満を示し、11月に予定されている大統領選を延期する可能性に言及。これを受け、ドルが下落に転じた。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏は「米国を巡る不透明感は、それが経済関連でも政治関連でもドル売りの理由になる」と述べた。

米商務省がこの日発表した第2・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は年率換算で前期比32.9%減と、統計の記録を開始した1947年以来最も大きな落ち込みとなった。

また、米労働省が発表した25日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は143万4000件と、前週から1万2000件増加した。国内で新型コロナウイルス感染が再拡大する中、一時解雇の増加が続いている。

マニンボ氏は「失業保険申請は回復がすでに衰え始めたことを物語っている」と指摘した。

主要通貨に対するドル指数<=USD>は0.38%安の92.995。今月は4.5%下落しており、月間では2010年9月以来の下落率になる水準。

ユーロ<EUR=>は一時、18年6月以来の高値となる1.1844ドルに上昇。終盤は0.4%高の1.1840ドル。

この日はドイツの第2・四半期国内総生産(GDP)速報値が季節調整済みで前期比10.1%減となったことが、序盤のユーロの重しになっていた。

英ポンド<GBP=>は10営業日続伸し、一時は3月以来の高値となる1.3091ドルに上昇。終盤は0.71%高の1.3087ドル。

バノックバーン・グローバル・フォレックスのチーフ市場ストラテジスト、マーク・チャンドラー氏は、ポンドがこれまでの低迷から盛り返し、さらに上昇しそうな勢いだと指摘した。

ドル/円 NY終値 104.72/104.75

始値 105.09

高値 105.27

安値 104.69

ユーロ/ドル NY終値 1.1846/1.1848

始値 1.1745

高値 1.1848

安値 1.1743

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅外交の優先順が見えた電話会談

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    もう無関心?コロナに飽きる日本

    赤木智弘

  4. 4

    アビガン申請へ「富士フに拍手」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  6. 6

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  7. 7

    権力批判をやめた日本のマスコミ

    文春オンライン

  8. 8

    TDR契約社員 事実上の退職勧奨か

    文春オンライン

  9. 9

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  10. 10

    山口達也が送っていた謝罪メール

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。