記事
  • ロイター
  • 2020年07月31日 06:05 (配信日時 07月31日 05:58)

メキシコGDP速報値、第2四半期17.3%減 過去最大の落ち込み


[メキシコ市 30日 ロイター] - メキシコ国立統計地理情報院(INEGI)が30日に発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は前期比17.3%減と、過去最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により工場が閉まったほか、買い物客や観光客が減ったことや貿易が落ち込んだことが響いた。

INEGIのサンタエージャ長官はツイッターで「2020年第2・四半期GDPは前期比17.3%減と大幅なマイナスとなり、GDP統計で最大の下落幅となった」と述べた。

前年同期比は18.9%減だった。

メキシコ中央銀行の5人の理事会メンバーの一人、エスキベル委員は29日、GDPが今年8.5ー10.5%減少するとの見通しを示した。エコノミストも同様な見通しを示している。

キャピタル・エコノミクスのアシスタント・エコノミスト、ニキル・サンガニ氏は「メキシコはまだ新型コロナの感染拡大と格闘している上、米国の経済回復は勢いをなくしているようだ。メキシコ経済の回復は向こう数四半期にわたり遅いペースになる」と予想。第2・四半期の落ち込みについて「新興国の中で、最も大幅にピークからどん底へ急降下した国」の一つとの見方を示した。

内訳は、農業や水産業を含む第1次産業が2.5%減。製造業や鉱業、建設業などの第2次産業は23.6%減。小売りやサービス部門を含む第3次産業は14.5%減だった。

ロペスオブラドール大統領は定例記者会見で、経済が4月と5月に「底を打った」と指摘。今は回復の兆しが見られるとし、V字回復となるとの見方を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  2. 2

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

  7. 7

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  8. 8

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  9. 9

    タワマンの高層階ばかりを移り住む「空中族」 高値売り抜けはそろそろ手仕舞いか

    NEWSポストセブン

    06月20日 09:50

  10. 10

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。