記事
  • ロイター
  • 2020年07月30日 17:05 (配信日時 07月30日 19:01)

日立の4―6月期営業利益は53%減、コロナ影響でもITが支え


[東京 30日 ロイター] - 日立製作所<6501.T>は30日、2020年4―6月期の連結調整後営業利益(国際会計基準)が前年同期比53.1%減の583億円だったと発表した。新型コロナウイルスの影響で上場子会社が振るわなかったが、IT分野などが堅調に推移し全体の業績を支えた。

売上高は同21.6%減の1兆5942億円。河村芳彦CFO(最高財務責任者)はオンライン会見で、コロナの影響は売上高で2998億円、調整後営業利益で657億円だったと説明した。

成長分野と位置づけるITやエネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフの各分野が堅調だった。河村氏は「ITの収益が会社全体をバックストップ(補強)している」と説明。利益の絶対額で約半分を占め、利益率でも他セクターの約倍の水準になってきていることを強調した。一方、日立建機<6305.T>と日立金属<5486.T>の上場子会社については「強くコロナに打たれ、芳しくない」とした。

純利益は、日立化成の売却益があり、同85.6%増の2232億円だった。

2021年3月期の連結調整後営業利益の予想は前年比43.8%減の3720億円で据え置いた。スイスの重電大手ABB<ABBN.S>のパワーグリッド(送配電)事業を買収して7月に発足した日立ABBパワーグリッドは、構造改革費用や無形資産の償却で初年度は営業赤字の見通し。ただ、インダストリーとモビリティーの各分野の営業利益予想を上方修正しており、これを吸収すると見ている。日立ABBパワーグリッドは22年度の黒字化を想定している。

売上高予想は、日立ABBパワーグリッドの発足を踏まえて前年比10.1%減の7兆8800億円に上方修正した。純利益予想は前期の3.8倍の3350億円で据え置いた。前期にあった一時的な損失がなくなる反動で利益が増加する。

*内容を追加しました。

(平田紀之)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選 所見演説や記者会見等 候補者4名の中で「高市ピカイチ」

    赤池 まさあき

    09月18日 14:39

  2. 2

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  3. 3

    新型コロナの影響で「九九」の勉強がおろそかに 顕在化するコロナ禍の子どもへの影響

    石川奈津美

    09月17日 08:07

  4. 4

    総裁選で高市氏が怒涛の追い上げ 単純な「極右ムーブメント」とくくってよいのか

    倉本圭造

    09月17日 14:15

  5. 5

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  6. 6

    高市早苗総裁候補VS小泉進次郎議員の抗争勃発?!重要争点の一つは「エネルギー政策」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月18日 08:32

  7. 7

    自民党政権の危機管理の失敗【2】後悔のない対策

    山内康一

    09月18日 08:43

  8. 8

    米英豪が安保の新枠組みを発表、中国はTPP加盟を申請

    My Big Apple NY

    09月18日 09:21

  9. 9

    靖国神社公式参拝は当たり前では

    和田政宗

    09月18日 08:37

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。