記事
  • ロイター

原油先物は横ばい、新型コロナ感染者急増が需要期待を圧迫


[メルボルン/シンガポール 30日 ロイター] - アジア時間の原油先物はほぼ横ばい。新型コロナウイルスの感染者急増を受け、燃料需要の回復が妨げられるとの懸念に圧迫されている。

0330GMT(日本時間午後0時半)時点で、北海ブレント先物10月限<LCOc2>は0.04ドル(0.1%)高の1バレル=44.13ドル。31日に期日を迎える9月限<LCOc1>は薄商いの中、横ばいの1バレル=43.75ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は0.01ドル安の1バレル=41.26ドル。

前日には米エネルギー情報局(EIA)の週間統計で、原油在庫が昨年12月以来最大の落ち込みを記録したことを受け、ともに上昇していた。

7月24日までの週の米原油在庫は前週比1060万バレル減の5億2600万バレル。アナリストは35万7000バレル増加すると予想していた。

ただ、ガソリン在庫とヒーティングオイルやディーゼル燃料を含む留出油在庫はともに予想に反して増加。燃料需要の回復が不安定な状況にあることを浮き彫りにした。

アクシコープのチーフ・グローバル・マーケット・ストラテジスト、スティーブン・イネス氏は、ガソリン在庫の増加が圧迫要因だと指摘。「新型コロナの感染拡大が(米南部の)サンベルト地帯で続く中、通常のドライブシーズンとは異なるという事実を改めて突き付けた」と語った。

*内容を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    毒メシをやめて成績UP? 医師苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  3. 3

    感染対策 レジのシートは逆効果

    かさこ

  4. 4

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  5. 5

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  6. 6

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  7. 7

    ソフバ株売出し 驚きの人気ぶり

    近藤駿介

  8. 8

    ウイグル問題 世界的企業に打撃

    SmartFLASH

  9. 9

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  10. 10

    携帯料金よりNHK受信料を下げよ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。