記事
  • ロイター

NY市場サマリー(29日)ドル2年ぶり安値、ダウ160ドル高

[29日 ロイター] -

<為替> ドルが2年ぶりの安値。米連邦公開市場委員会(FOMC)は29日、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くことを全会一致で決定。新型コロナウイルス感染拡大の影響からの景気回復に向け「あらゆる手段」を尽くすとし、必要な限り政策金利をゼロ%近辺にとどめると改めて表明した。[nL3N2F04NR]

ドル指数<=USD>は0.44%安の93.42.一時は2018年6月以来の93.17まで下落した。

ユーロ<EUR=>は0.56%高の1.1780ドル。18年9月以来の1.1805ドルを付ける場面も。

米連邦準備理事会(FRB)が超緩和政策を今後数年にわたり続けるという期待に加え、利上げ前に従来示した以上にインフレ率の上振れを許容するとの観測からドルは下げを強めている。

ドル安を受け、円や英ポンドが4カ月ぶり高値に上昇。オーストラリアドルは1年超ぶりの高値を付けた。ドル/円は0.10%安の104.97円。ポンドは0.45%高の1.2988ドル。豪ドルは0.36%高の0.7183米ドルとなった。

一方、トルコリラは対ユーロなどで最安値に下落。外貨準備高の枯渇や国内のドル需要などで3日続落となった。

<債券> FRBがFOMCで、新型コロナウイルス感染拡大の影響からの景気回復に向け「あらゆる手段」を尽くすと表明したことを受け、長期債の利回りがやや上昇。[nL3N2F04NR][nL3N2F04RU]

終盤の取引で10年債<US10YT=RR>利回りは0.579%とほぼ横ばい。30年債<US30YT=RR>利回りは1.2424%と、1.9ベーシスポイント(bp)上昇した。

2年債と10年債の利回り格差<US2US10=RR>は45bpと、前日から約1bp拡大。ただ6月5日に付けた68bpからはかなり縮小した水準にある。

5年債<US5YT=RR>利回りは1.3bp低下の0.2531%。一時は過去最低となる0.252%まで低下した。2年債<US2YT=RR>利回りは1.2bp低下の0.1309%。

<株式> 上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は160ドル高で取引を終えた。FRBが新型コロナウイルス禍で打撃を受けた経済の回復に向け、「あらゆる手段」を尽くすと再表明したことが相場を後押しした。

市場は、ネット通販のアマゾン・ドットコム<AMZN.O>、交流サイトのフェイスブック<FB.O>、アップル<AAPL.O>、グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>の決算発表に注目。

コロナ追加対策を巡る動向からも目が離せない。トランプ大統領は29日、コロナ追加対策の取りまとめに関する協議で政権と議会民主党の意見はかけ離れていると述べ、合意を急がない構えを示した。[nL3N2F04FR]

個別銘柄では、半導体のアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)<AMD.O>が12.5%高。コロナ感染拡大で在宅勤務が増え、データセンター向けやパソコン用半導体の需要が好調となる中、通年の売上高見通しを引き上げた。[nL3N2EZ4RQ]

コーヒーチェーンのスターバックス<SBUX.O>は3.7%高。第3・四半期(4─6月)決算は、世界の既存店売上高が市場予想よりも小幅な減少にとどまった。[nL3N2EZ4G1]

航空機のボーイング<BA.N>は2.8%安。第2・四半期決算が予想を超える赤字となった。赤字は3四半期連続。1年4カ月にわたる737MAX機の世界的な運航停止によって業績が引き続き圧迫される中、コロナのパンデミック(世界的大流行)が追い打ちをかけた。[nL3N2F046J]

<金先物> 対ユーロでのドル安などを背景に9営業日続伸。8月物の清算値(終値に相当)は前日比8.80ドル(0.5%)高の1オンス=1953.40ドルとなり、中心限月ベースの史上最高値を4営業日連続で塗り替えた。ただ、史上最高値を連日更新する中で、高値警戒感も根強く、2000ドルの心理的な節目を前に伸び悩む展開だった。

<米原油先物> 週間原油在庫の大幅減少などを材料に買われ、反発。米国産標準油種WTIの中心限月9月物の清算値(終値に相当)は、前日比0.23ドル(0.56%)高の1バレル=41.27ドル。10月物は0.26ドル高の41.54ドルだった。

米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した週報では、24日までの1週間に米原油在庫が1060万バレル減少し、市場予想の40万バレル増加に反して大幅な取り崩しとなった。

ドル/円 NY終値 104.91/104.93 <JPY21H=>

始値 104.99 <JPY=>

高値 105.19

安値 104.78

ユーロ/ドル NY終値 1.1790/1.1794 <EUR21H=>

始値 1.1745 <EUR=>

高値 1.1805

安値 1.1719

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 100*08.00 1.2399% <US30YT=RR>

前営業日終値 100*21.50 1.2230%

10年債(指標銘柄) 17時05分 100*14.50 0.5773% <US10YT=RR>

前営業日終値 100*13.50 0.5810%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*31.25 0.2547% <US5YT=RR>

前営業日終値 99*29.50 0.2660%

2年債(指標銘柄) 16時47分 99*31.50 0.1328% <US2YT=RR>

前営業日終値 99*30.88 0.1430%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 26539.57 +160.29 +0.61 <.DJI>

前営業日終値 26379.28

ナスダック総合 10542.94 +140.85 +1.35 <.IXIC>

前営業日終値 10402.09

S&P総合500種 3258.44 +40.00 +1.24 <.SPX>

前営業日終値 3218.44

COMEX金 8月限 1953.4 +8.8 <GCv1><0#GC:>

前営業日終値 1944.6

COMEX銀 9月限 2432.1 +2.1 <SIv1><0#SI:>

前営業日終値 2430.0

北海ブレント 9月限 43.75 +0.53 <LCOc1><0#LCO:>

前営業日終値 43.22

米WTI先物 9月限 41.27 +0.23 <CLc1><0#CL:>

前営業日終値 41.04

CRB商品指数 144.3390 +0.8607 <.TRCCRB>

前営業日終値 143.4783

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナにビビリすぎ GoTo楽しめ

    毒蝮三太夫

  2. 2

    杉田水脈氏の問題発言 目的考察

    猪野 亨

  3. 3

    マイナンバーの普及を妨げる元凶

    Chikirin

  4. 4

    文在寅氏辞任で日韓関係は改善か

    PRESIDENT Online

  5. 5

    在宅の社員をオフィスに戻す方法

    鎌田 傳

  6. 6

    コロナで露呈 地方の賃貸不足

    中川寛子

  7. 7

    紗倉まな 性産業廃止は「暴論」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    コロナで無視できなくなったMMT

    自由人

  9. 9

    なぜヤフコメ欄は無くせないのか

    諌山裕

  10. 10

    生きてれば 半沢妻の言葉に感動

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。