記事

クリーニング「白洋舎」 新型コロナの直撃で41億円の最終赤字へ

クリーニング大手の(株)白洋舎(TSR企業コード: 291058604、大田区、東証1部)が7月29日、未定としていた2020年12月期通期の当期純利益(連結)が41億円の赤字見通しとなることを発表した。当期純利益の赤字は2期連続となる。

 新型コロナウイルス感染拡大で、取引先のホテル稼働率の大幅低下でリネンサプライ部門が落ち込んだほか、4月の衣替え時期の緊急事態宣言による休業対応でクリーニング事業にも影響が出た。さらに、在宅勤務でワイシャツなどのクリーニング需要の低下も見込まれるため、減収赤字の予想となった。

白洋舎は、「コスト削減のほか、営業・生産拠点の再編など構造改革の加速化を図っていく」としている。

2020年12月期連結の業績予想は、売上高387億円(前期502億7,400万円)、営業利益▲55億円(同2億900万円の黒字)、当期純利益▲41億円(同▲600万円)。

あわせて読みたい

「企業経営」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  2. 2

    人気寿司店も苦境 厳しい飲食業

    内藤忍

  3. 3

    竹中平蔵氏と会食の菅首相を批判

    藤田孝典

  4. 4

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  6. 6

    政治家「産後うつは甘え」が波紋

    女性自身

  7. 7

    消費税めぐる左翼層の主張に呆れ

    青山まさゆき

  8. 8

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  9. 9

    劇団ひとりがED克服したキッカケ

    SmartFLASH

  10. 10

    英で感染再拡大 封鎖は明言せず

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。