記事
  • ロイター

米シェール企業、第2四半期決算は2016年以来の最悪に 原油安で


[ヒューストン 28日 ロイター] - 米シェールオイル生産会社が近く発表する2020年第2・四半期決算は、2016年以降で最悪の結果になりそうだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)を受けて燃料需要が減退し、原油価格<CLc1><LCOc1>は1月以来約35%下落、生産高も急減した。

2カ所のシェール盆地で生産するアブラクサス・ペトロリアム<AXAS.O>のボブ・ワトソン最高経営責任者(CEO)は「第2・四半期(決算)は前例のない内容になるだろう」と話す。

ロイターが米シェール企業上位10社の財務データを分析したところ、第2・四半期決算(評価損除く)は、前回の原油価格急落が起きた2016年以来で最悪の内容となる見通しだ。

米最大の独立系生産会社コノコフィリップス<COP.N>は、30日に米シェール企業の先陣を切って決算を発表するが、リフィニティブのIBESデータによると、1株当たり損益は49セントの赤字と、前年同期の1.40ドルの黒字から赤字に転落するとみられる。

リフィニティブによると、数日中に決算を発表するパイオニア・ナチュラル・リソーシズ<PXD.N>、EOGリソーシズ<EOG.N>、パースリー・エナジー<PE.N>、コンチネンタル・リソーシズ<CLR.N>など大半の主要シェール企業が、第2・四半期は赤字を計上する見込み。

トピックス

ランキング

  1. 1

    入店拒否めぐる堀江氏SNSに疑問

    かさこ

  2. 2

    「TENET」は観客に不親切な映画

    fujipon

  3. 3

    音に無頓着な人とWeb会議は苦痛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  4. 4

    中曽根氏葬儀に約1億円は違和感

    早川忠孝

  5. 5

    Amazonの防犯用ドローンは問題作

    後藤文俊

  6. 6

    よしのり氏 マスク巡る矛盾指摘

    小林よしのり

  7. 7

    大阪都構想の必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

  8. 8

    日本は中国の覇権主義に向き合え

    赤池 まさあき

  9. 9

    官僚がデジタル改革を進める矛盾

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    いつか撮られる…瀬戸大也の評価

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。