記事

政治的思惑や国威発揚でなく

 この間の「しんぶん赤旗」で私が注目しているスポーツ面の連載「東京五輪・パラリンピック 新たな道すじ」。今日の増田明美さんの話には、なるほどと思うことが多くありました。政治的思惑による開催論でなく、このような落ち着いた国民的議論が必要だと感じました。

 プロ野球など有観客の試合も始まっているなかで、増田さんが紹介していたのは、北海道で先日ひらかれた「ホクレン・ディスタンスチャレンジ」。陸上トラック中長距離の大会ですが、感染予防・感染対策の具体的な中身とともに、それまでの枯渇感を満たすように選手たちの記録が大きく伸びたことも紹介しています。

 同時に増田さんは、代表選考が進まない現実も理解し、来春までに各国で選考ができなければ開催自体が困難になると指摘。練習に身を入れる選手の立場からすれば、年内には決めてほしいとも述べています。大会の簡素化、観客数の制限など国際オリンピック委員会(IOC)の方針についても触れていて、このようなオープンな議論が必要だと実感します。

 収束が見通せないなかで、世界的な移動をともなって諸国民が集まる五輪の開催自体への疑問の声も、もちろんあります。その予算を、命を救うために優先すべきという議論もあります。五輪開催の是非を問う一方で、文化や芸能、スポーツなど人生を豊かにする分野についての支援も求められてきました。選手たちも苦しい思いをしているに違いありません。

 このような連載を「しんぶん赤旗」がおこなっているということも、この機会に多くの方に知ってほしい。スポーツは平和の象徴であり、戦争や軍事に連なる用語(野球の「主砲」など)は紙面で使っていません。暴力や差別をスポーツ界から一掃する点でも、紙面上で主張しています。「赤旗」日曜版では、元プロ野球選手・衣笠祥雄さんが約21年間にわたる野球コラムを寄せてくださり、選手に向けるあたたかな視線が好評でした。

 選手は使い捨ての存在でなく、みずからの能力やチームワークを純粋に競い合いたいのであって、政治的思惑や国威発揚のためにプレーするわけではないはずです。五輪・パラリンピックについても行き過ぎた商業主義を排しながら、原点に立ち返った議論こそ。開催の結果がどうなろうとも、しっかり今こそ国民的議論をと思います。

 【今日の句】総理への レガシーづくりは やめてくれ

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    旧ソ連2国が衝突 多数の死者発生

    BBCニュース

  8. 8

    YouTubeで激変 芸能人第二の人生

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  10. 10

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。