記事
  • ロイター

米株反落、コロナ禍受けた消費者心理や企業業績の悪化で


[28日 ロイター] - 米国株式市場は反落。新型コロナウイルス禍を背景とした消費者信頼感の低下や失望を誘う企業決算、与党共和党が発表したコロナ追加対策法案が予想を下回る内容だったことを受け、市場心理が悪化した。

企業決算が嫌気され、複合企業スリーエム(3M)<MMM.N>は4.8%、マクドナルド<MCD.N>は2.5%それぞれ下落。3Mの第2・四半期決算は、新型コロナ感染拡大で業務全般が影響を受け、利益と売上高が市場予想を下回った。マクドナルドも第2・四半期の世界既存店売上高が23.9%減少した。

朝方発表された7月の米CB消費者信頼感指数は92.6と、前月の98.3(上方改定)から低下。米全土で新型コロナ感染者が急増していることを受け、米経済の回復が脅かされている。

米上院共和党は前日、総額1兆ドル規模コロナ追加対策法案を発表。7月末で期限が切れる失業保険の特例加算については、上積み額を現行の週600ドルから400ドル減額し、200ドルとする。

企業決算やコロナ経済対策に加え、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果も注目される。ウェルズ・ファーゴのシニア世界市場ストラテジスト、サミール・サマナ氏は「これら3イベントのいずれかをきっかけにボラティリティーが高まる可能性があるため、利益を確定するには悪い時期ではないだろう」と述べた。その上で、FRBが「プラスのサブライズをもたらすことは極めて難しい」との見方を示した。

S&P主要11セクター中、下げが目立ったのは素材<.SPLRCM>、エネルギー<.SPNY>、一般消費財<.SPLRCD>。一方、ディフェンシブ銘柄とされる不動産<.SPLRCR>や公益<.SPLRCU>、主要消費財<.SPLRCS>は上昇した。

製薬ファイザー<PFE.N>は3.9%高で終了。通期利益見通し引き上げが材料視された。前日には独ビオンテックと開発を進める新型コロナワクチン候補の大規模な後期臨床試験を開始したと発表している。

また、週内に発表されるアップル<AAPL.O>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、アルファベット<GOOGL.O>、フェイスブック<FB.O>の決算にも注目が集まっている。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.25対1の比率で上回った。ナスダックでも1.97対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は92億8000万株。直近20営業日の平均は105億6000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 26379.28 -205.49 -0.77 26529.4 26556.8 26361.7 <.DJI>

5 4 1

前営業日終値 26584.77

ナスダック総合 10402.09 -134.18 -1.27 10509.2 10523.6 10397.8 <.IXIC>

0 4 7

前営業日終値 10536.27

S&P総合500種 3218.44 -20.97 -0.65 3234.27 3243.72 3216.17 <.SPX>

前営業日終値 3239.41

ダウ輸送株20種 9696.55 -120.87 -1.23 <.DJT>

ダウ公共株15種 825.47 +12.45 +1.53 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 2060.40 -44.22 -2.10 <.SOX>

VIX指数 25.44 +0.70 +2.83 <.VIX>

S&P一般消費財 1118.41 -13.90 -1.23 <.SPLRCD>

S&P素材 383.66 -8.57 -2.18 <.SPLRCM>

S&P工業 605.24 -4.02 -0.66 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 641.87 +1.89 +0.30 <.SPLRCS>

S&P金融 398.45 -1.13 -0.28 <.SPSY>

S&P不動産 222.85 +4.48 +2.05 <.SPLRCR>

S&Pエネルギー 279.73 -4.98 -1.75 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 1231.63 -1.76 -0.14 <.SPXHC>

S&P通信サービス 188.15 -1.75 -0.92 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1857.09 -22.95 -1.22 <.SPLRCT>

S&P公益事業 307.22 +4.71 +1.56 <.SPLRCU>

NYSE出来高 7.71億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物9月限 ドル建て 22535 - 75 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物9月限 円建て 22515 - 95 大阪比 <0#NIY:>

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の世代間格差 怒る若者たち

    ニッセイ基礎研究所

  2. 2

    ひろゆき氏 デジタル庁巡り提案

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    スガ批判の左派に待つ皮肉な現実

    PRESIDENT Online

  4. 4

    菅外交は未知数 韓国とどう交渉

    舛添要一

  5. 5

    ワークマン コロナ打撃に強い訳

    南充浩

  6. 6

    各紙の新閣僚めぐる紹介文が茶番

    常見陽平

  7. 7

    GoTo Eatは業者が儲かるカラクリ

    田中龍作

  8. 8

    汚染語らぬ平沢復興相に福島落胆

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  9. 9

    アイヌ民族への謝罪せぬ日本政府

    畠山和也

  10. 10

    安倍前首相の仮病を疑う声に反論

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。