記事
  • ロイター

第2四半期のスペイン雇用者、過去最大の107万人減 コロナが直撃


[マドリード 28日 ロイター] - スペイン統計局は28日、第2・四半期の雇用者数が過去最大となる107万4000人減少したと発表した。ロックダウン(都市封鎖)により観光業が打撃を受けた。

第2・四半期の失業率は15.33%と2年ぶりの高水準となった。第1・四半期は14.41%だった。ただ一時帰休中の人や積極的に求職活動を行っていない人は反映されていない。

スペインでは通常、第2・四半期は観光シーズンに入り雇用が活発になるが、今年は新型コロナウイルス感染症の流行や新たな隔離措置により厳しい状況に置かれている。

ロイターがまとめたアナリスト予想は16.7%だった。

スペインは経営が厳しい企業が一時的に雇用契約を停止することを認める「ERTE」を初めて広範に実施した。これにより失業が一定程度抑制された。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    小沢氏の「政権獲得」宣言に呆れ

    早川忠孝

  3. 3

    大量廃棄も…鰻の養殖技術進む

    ABEMA TIMES

  4. 4

    65歳はもはや「高齢者」ではない

    内藤忍

  5. 5

    植草&錦織が漏らしていた格差

    文春オンライン

  6. 6

    貧困率15% 新興国水準に近い日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    政権狙う? 連立動かぬ野党に疑問

    紙屋高雪

  8. 8

    アルコール依存バンドマンの悲哀

    常見陽平

  9. 9

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  10. 10

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。