記事

ワイプ・大喜利・テロップ…バラエティ番組の斬新な演出方法はどこから生まれたのか

1/2
「ワイプ」「字幕テロップ」「ツッコミテロップ」「Qカット」「大喜利」「24時間テレビのチャリティーマラソン」などなど、バラエティ番組で当たり前となった演出方法のルーツに放送作家が迫りました。


放送作家の深田憲作です。先月は「テレビの楽しみ方」をテーマに記事を書かせていただいたのですが、(放送作家直伝!テレビを楽しく視聴するための3つのポイント)その中で演出方法の1つであるサイドテロップについて触れました。

現在放送しているほとんどのバラエティ番組ではこのサイドテロップ(※サイドテロップとは、画面の右上か左上に表示されているテロップ)を表示しているので、斬新な演出だと思ったことはなかったのですが、冷静に考えるとこのサイドテロップを最初に考え、実行した人は凄いなと思います。

サイドテロップのように、今となっては当たり前だけど最初にやった人は凄いなと思える、いわば“発明”と言えるような演出は数多くあります。テレビ番組の演出に著作権はないので、その多くは誰が考え出したものかは不明ですが、今回は「テレビ番組における発明的演出」について綴ってみたいと思います。

僕はバラエティを主戦場に仕事をさせてもらっているので、これから述べる内容は基本的にはバラエティ番組の話だと思ってください。それでは僕が発明だと思う演出を1つずつ挙げていきます。

その日の放送内容を凝縮して見せる「アバン」

アバンとは、番組の冒頭に流れる、その日の放送のハイライト的な映像で、正式には「アバンタイトル」と呼ぶそうです。番組冒頭にこのアバンを入れることで、視聴者にその日の放送を「面白そうだな」と思ってもらう役割を担っています。

出演者の発言にピー音が入っていて「●●が秘密を暴露!」みたいなナレーションで煽るアバンを見て「なんか面白そう」と思った経験があるのではないでしょうか?

アバンという言葉の意味を調べると「映画・ドラマ、アニメや特撮などでオープニングに入る前に流れるプロローグシーンのこと」と書かれています。プロローグとバラエティ番組におけるアバンでは意味合いが違いますが、想像するにアバンという演出の手法はテレビ制作者が考えた発明ではなく、映画などで使われていた手法をテレビに応用したものではないかと思います。それこそ映画の予告編はテレビ番組におけるアバンと役割が一緒です。

バラエティ番組でこのアバンを最初に取り入れたのはどの番組なのか? 僕は全く知りませんが、画期的な試みだったのでしょう。

出演者のリアクションでよりVTRを面白く感じさせる「ワイプ」

バラエティ番組でよく使われる言葉のため、多くの人がワイプを理解されていると思いますが、一応ご説明すると、ワイプとはVTRが流れている時にそれを見ているスタジオの出演者が映る小さな画面のことです。

このワイプの役割は、スタジオ出演者のリアクションを見せることによるVTRの補強。どういうことかと言いますと…人間は他人が笑っていることで、見ているもの、聞いているものがより面白く感じる生き物です。(ひねくれものを除く)そのため、芸能人がVTRを見て笑っている顔をワイプで視聴者に見せることで、そのVTRがより面白く見えるのです。

これはVTRで視聴者を笑わせたい場合だけでなく、感動させたい場合や驚かせたい場合も一緒。芸能人がワイプで感動している顔を見せることで、そのVTRがより感動的に感じるというわけです。

このワイプ演出を普及させたのは今も続く日本テレビの長寿番組『世界まる見え!テレビ特捜部』とされています。しかし、『世界まる見え!テレビ特捜部』でワイプが生まれたのは先述したVTRの補強の意味合いではありません。

長い時間VTRを流すとビートたけしさん、所ジョージさん、楠田枝里子さんらが出演している番組だということが視聴者に分からなくなる恐れがあるため。苦肉の策としてワイプを入れたという背景がありました。

面白さや分かりやすさを補強する「字幕テロップ」

冒頭でサイドテロップについて説明しましたが、テレビ番組にはこのサイドテロップ以外にも様々な字幕テロップが存在します。例えば、出演者のコメントに入れるテロップ。みなさんも体感されていると思いますが、タレントの発言にテロップが入ることでより面白く感じることができます。

出演者のコメントにテロップを入れる手法を初めて取り入れたのは『探偵!ナイトスクープ』と言われています。演出家たちはコメントテロップの字体はもちろん、文字をキラキラさせたり、文字の出し方にもこだわっていますので、今後コメントテロップを注意して見ていただけると、また違った楽しみ方ができるかもしれません。

発明という言葉が相応しいかは分かりませんが『エンタの神様』という番組で、ネタを演じる芸人のセリフにテロップを入れたのは画期的だったように感じます。正直、この演出にはテレビマンの中でも賛否があり、「芸人に失礼ではないか?」「視聴者が字幕に頼ってテレビを見る習慣を作ってしまうのではないか?」といった否定的な意見もありました。僕の個人的な意見としては「大賛成とは思わないが否定はしない」というスタンスです。

なぜなら、歌番組で歌詞のテロップが流れることにほとんどの人が否定的な感情を持っているとは思えません。おそらく最初に歌詞のテロップを流した時は否定的な意見もあったのではないでしょうか。

「歌手に対して失礼だ!」「歌詞は読むものではなく、耳で聴いて心で受け止めるものだ!」的なことを言った人がいたはずです。要は慣れの問題な気がして、僕は芸人のネタにテロップを入れることを真っ向から否定はできないのかなと思います。30年後のネタ番組ではそれが当たり前になっている可能性もあるでしょう。

話は変わってバラエティ番組におけるテロップで「これは発明だな」と思うのが「ツッコミテロップ」です。ツッコミテロップとは、タレントがボケた時などに画面の下の方にツッコミ的な言葉が表示されるテロップです。あれを考えた人は天才だなと思います。

なぜなら理論的に考えるとあのツッコミテロップは必要ないと思えてしまうからです。ツッコミが必要なのであれば、現場に出演者がいるし、やろうと思えばナレーションで突っこむこともできる。テロップでツッコミを入れようという発想はなかなか浮かばない気がします。

ツッコミテロップがない時代に僕がこの演出について相談されたら、反対はしないまでも「それ、必要なくないですか?」と思っていたでしょう。ただ、ツッコミテロップは出演者のツッコミともナレーションでのツッコミとも差別化できた秀逸な演出になっていると思います。僕の記憶ではこの手法は『めちゃ×2イケてるッ!』がパイオニアだと思っていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

あわせて読みたい

「バラエティ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。