記事

「トランプ不利」ではないアメリカ世論調査の「超接戦」

1/2
トランプvsバイデンの直接対決が迫っている(AFP=時事)

 アメリカ大統領選挙は現職のトランプ氏の苦戦が伝えられる。しかし、党大会もテレビ討論も本格化するのはこれからである。ニューヨーク在住46年のジャーナリスト・佐藤則男氏は、「トランプ敗北はまだ決まっていない」と分析する。

 * * *
 アメリカの大統領選挙まで約3か月に迫った。だが、アメリカの有権者は少しも盛り上がっていない。熱狂するはずの党大会は、地方の陽気な代議員も観客もいない。テレビ討論は、これも観客がいない。このような観客なしの党大会やテレビ討論は、大衆を巻き込み大合唱を起こすのが得意なトランプ大統領にとって残念なことであろう。

 新型コロナウイルスの猛威は今もアメリカ全土を黒い雲のように覆っている。現職のトランプ氏にとっては、この問題に直接対処していることが弱味にもなっているが、強味になる可能性もある。もちろん、コロナウイルス感染症の患者が再び増え、死者数が14万に達している現状では何も誇れない。記者会見では、「なぜマスクをしなかったのか」などと、およそ大統領に対する質問としては低レベルなやりとりが繰り返されている。それくらい簡単なことさえ怠った大統領ということでもある。

 一方、民主党候補のバイデン氏は、トランプ大統領の失策を痛烈に、毒々しく攻撃している。しかし、トランプ氏を愚か者扱いし、無視する態度は、大統領選挙には不適切だと感じる有権者もいる。バイデン氏は、トランプ政権を批判するばかりで、コロナ対策の骨子を明確にし、堂々と政策論争をしていないと批判する声も少なくない。コロナ問題と密接に関わる経済政策についても、二人の候補の間で、いまだ論争が交わされていないのである。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  3. 3

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  4. 4

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  5. 5

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  6. 6

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  7. 7

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  8. 8

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  9. 9

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  10. 10

    白血病の新たな薬 新たなプレイヤーで不可能が可能に それはしっかりしたエビデンス コロナのイベルメクチン等にはまだそれがない

    中村ゆきつぐ

    06月20日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。