記事

自分の意見と一致しないチャートパターンは無視!?

トレーダーが犯す致命的な間違いのひとつとして、ジェイク・バーンスタイン氏は、こんなことをあげています。

自分の考えと一致するチャートパターンを求めて、様々な時間軸のチャートを見てしまう。


複数の時間軸のチャートを分析することは悪いことではありません。日足や60分足チャートだけでなく、週足チャートも活用することで、私たちは短い時間軸のチャートでは見ることができなかったサポートやレジスタンスを発見することができます。

バーンスタイン氏が述べていることですが、私たちはトレードをする時間軸を先ず決める必要があります。あなたは1分足チャートを使って、寄付きの30分間だけトレードしたいのでしょうか?それとも、日足チャートをベースにして、数日間にわたるスイングトレードをしたいのでしょうか?言うまでもなく、もしあなたの株保有期間が2年、3年という長期なら5分足、60分足など見る必要はありません。

日足を使ってスイングトレードをしているのなら、日足から出ているシグナルに従うべきです。たとえあなたは買いたくても、日足からのシグナルが売りなら、その株を買ってはいけません。しかし私たちトレーダーは、そのルールを破ってしまうのです。

一例として、ビヨンドミートの日足チャートを見てみましょう。


あなたは、日足を基盤にしてスイングトレードをしているとします。あなたのトレードルールはシンプルです。

買いの対象になるのは、株価が50日移動平均線より上で動いているものだけに限られる。50日移動平均線より下で推移なら、その株は空売り対象になる。

このルールに従うと、現在のビヨンドミートの株価は50日移動平均線より下ですから、これは明らかな空売り候補です。しかし、あなたは友人の意見に説得され、ビヨンドミートを買うことに決めました。

言うまでもなく、現時点で買うことは自分で決めたトレードルールを破ることになり、たとえ株価が上昇したとしても、下降の始まった50日移動平均線がレジスタンスになる可能性があります。

そこであなたは週足に目を移しました。


矢印の部分で分かるように、3月の安値から6月の高値で測定した38.2%の値戻しレベルがサポートになった可能性があります。うまく行けば、株価は6月の高値まで戻ることが考えられますから、あなたは買い注文を早速入れました。

トレーダーはチャートから回答を得るべきです。これとは反対に、自分の意見と一致するチャートパターンを探し続けていたのでは、いつまでたっても規律のあるトレードは身につきません。

少し話はそれますが、複数の時間軸を取り上げたので、証券取引所でスペシャリストとして働いていた先輩の言葉を記しておきます。

多くの人たちは、長期トレンドに従ったトレードをすることが大切だと言う。たとえば、日足チャートでトレードをしている人なら、週足のトレンドに合わせたトレードをすることになる。それは悪い考え方ではないが、車を運転する人にとって最も重要なのは、現在目の前に見えるものだ。100キロ先が工事中だったとしても、今直ぐに他の道へ移る人はいない。

あわせて読みたい

「トレーダー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。