記事
  • ロイター

米銃器レミントンがまた破産法適用申請、乱射事件で販売自粛響く


[27日 ロイター] - 米銃器大手レミントン・アームズが27日、米連邦破産法第11条の適用を申請した。学校での乱射事件を受けて一部小売店が販売を自粛したことなどによる財務状況悪化が背景で、こうした自粛で同社などの製造業者は打撃を受けている。

アラバマ州北部地区の破産裁判所に申請。申請書によると、資産と債務がともに1億─5億ドル。

同社は2018年にも、販売不振と融資条件の履行難により第11条の適用を申請。債権者による保有のもと、同年内に保護下から脱却していた。

2012年にコネティカット州のサンディーフック小学校で児童20人と成人6人が死亡した乱射事件では、同社系のブッシュマスター製の銃が使用され、銃政策議論が巻き起こった。この案件については、来年公判が行われる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToで客殺到 高級ホテル避けよ

    内藤忍

  2. 2

    枝野氏は共産党と組む覚悟が必要

    毒蝮三太夫

  3. 3

    「時代劇」半沢直樹を楽しむ方法

    大関暁夫

  4. 4

    靖国参拝は「韓国への迎合不要」

    深谷隆司

  5. 5

    枝野氏のデジタル化批判は的外れ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    「酷くなる」望月氏が菅政権危惧

    たかまつなな

  7. 7

    風俗に「堕ちる」女性たちの事情

    NEWSポストセブン

  8. 8

    芸能界で続く謎の自殺 ケア急げ

    渡邉裕二

  9. 9

    コロナの裏で高齢死亡者1万人減

    赤池 まさあき

  10. 10

    児嶋一哉 半沢俳優陣はバケもん

    マイナビニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。