記事

「現場がストップしてしまって困った」紗倉まなが語った、コロナ禍のAV業界


 25日のABEMA『NewsBAR橋下』にAV女優の紗倉まなが出演、コロナ禍のAV業界について実情を語った。

・【映像】ゲスト:紗倉まな 性風俗にコロナ給付金なしナゼ?

 「この仕事は“濃厚接触中の濃厚接触”。検温、消毒など基本的な予防策はしていたし、PCR検査も実施していた。それでも現場がストップしてしまって困ったなぁと思っていた」と話す紗倉。

最近では、女優たちと10~20分間にわたり直接電話することができるサービス「テレホンにゃんにゃん(現「テレホンH」)にも参加。反応は上々だという。

 「みんなで、自宅でできる“プチバイト”的なものを考えた。一昔前に流行ったようなものだが、ちょっとエッチなことを言ったり、雑談をしたり」。


 MCのサバンナ高橋茂雄が「女優さんと電話で話ができるなんて、中学生時代の僕が聞いたら、金策に走り回ってますよ!」と笑うと、「“いいね”と言ってくれる世代の方がいるから嬉しい。あの青春をもう一回体感できる、みたいな感じで利用してくださる方も結構いらっしゃる。若い世代だと“なんだそれ”みたいな反応もあるし、映像も欲しいという人もいるかも知れないけど、情報があればあるほど妄想がしにくくなる。声だけだから、エロいんですよ(笑)」と紗倉。

 イベントもオンラインに移行、“巣ごもり需要”によってVRや配信の売上も好調だというが、女優としては不満もあるようだ。

 「良かったなと思う反面、基本的に女優さんは出演料だけで印税のようなものがない。二次使用料が払われることもあるが、“売れている”という実感が持ちにくい。『FANZA』のユーザーレビュー欄を確認しにいったり、メーカーの方に“売れてるよ”と聞いたりすることはあっても、自分にはなかなか届かないと感じている。生配信があったらコメント数や視聴数で反響がわかるから、良い波に乗っているというのが感じられるかも。“ナイス・スプラッシュ!”とかってコメントしてほしいですね(笑)」。(ABEMA/『NewsBAR橋下』より)



▶映像:ゲスト:紗倉まな 性風俗にコロナ給付金なしナゼ?

あわせて読みたい

「AV女優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    病床使用100%超も「4月と違う」

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    枝野氏詭弁は安倍首相と変わらず

    田中龍作

  4. 4

    「土下座像」に韓国政府も不快感

    NEWSポストセブン

  5. 5

    インバウンド復活は2~3年必要か

    Chikirin

  6. 6

    ひろゆき氏 radikoの戦略に疑問

    ABEMA TIMES

  7. 7

    支離滅裂な安倍政権に高まる不信

    NEWSポストセブン

  8. 8

    2週間後危機の予想 なぜ外れるか

    永江一石

  9. 9

    PCRを巡る対立 政治思想と親和性

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    吉村知事 お盆自粛ならGoTo中止

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。