記事

入試によっても違う。高校教員に知ってほしい大学中退のデータ

1/3

先日の投稿、かなりの反響をいただきました。SNS等でも高校の先生方や、大学教職員の皆様を中心に、「これは大事なことだ」というご感想を拝見しております。ありがとうございます!

■大学入学後の中退や留年の実情を、高校側はぜんぜん知らない

「高」と「大」の間に挟まっている身として、「あああ、こんな大事なデータがあるのに、なぜ埋もれたままなのだ。高大それぞれが同じ方向に向かって対話するためには、大事な情報のはずなのに」と以前からやきもきしておりましたので、ホッとしました。むしろ、もっと早くに共有されるべきものだったと反省もしております。業界のセミナーやシンポジウムでは必ず触れている点だったのですが、やっぱり誰でも見られるオープンな場に出さねば広がらない、と改めて実感しました。

先日の投稿で最も強調したかったのは、以下の点です。

ただ数字を配るだけなら、それは教育ではなく、情報の伝達に過ぎません。でも、こうして数字を題材にして考えさせれば、それは学びになり得ます。生徒を消費者として扱うのではなく、主体的な学習者として育てようと思えば、こうしたプロセスは避けて通れないと私は思うのです。

大学入学後の中退や留年の実情を、高校側はぜんぜん知らない

今回は、高校教員と大学側が対話し、今後の高大接続を一緒につくっていく上でご参考になりそうな点をご紹介したいと思います。先日の投稿ではご紹介しきれなかった、各データの補足です。

こうしたデータが高大接続のあり方に関する議論や実践の一助になり、ひいては大学側の広報や、学生募集活動のあり方を見直す契機にもなればと思います。

そもそも大学中退って問題なの?

先日の投稿でも触れましたが、私は中退や留年イコール悪いこと、と断じるつもりはありません。「中退や留年のデータを高大の間で共有し、生徒・学生のための議論や施策、指導などに活用できるような環境をつくるべきだ」という立場です。「大学なんて、中退したって良いじゃない」という意見もあると思いますが、結果的に様々な進路を選ぶことを否定しません。生き方はひとそれぞれです。

ただその上で、高校生側が知っておいた方が良さそうな事実もあります。

大学を中退すると正規雇用へのハードルが上がる



専門学校や短期大学、大学、大学院などの高等教育機関を卒業すると、正規雇用に就ける可能性は上がります。生涯賃金や給与水準などのデータを見ても、大学進学のメリットは小さくありません。しかし中退すると日本の社会は急に冷たくなり、多くの方がアルバイト・パートや無職になります。ここから正規雇用に移るハードルは低くありません。

重要なのは現在、大学生の2人に1人が貸与型奨学金を利用しているということです。奨学金を借りて大学に進学した場合、それを卒業後に返済するだけでも大変です。そこまでして進学した大学を中退すると、結果的に借金だけが残り、経済的にかなり厳しい状況に追い込まれます。こうした事実は近年、よく報道されるようになりました。

奨学金を借りていた人が、大学を中退してしまうと、どのような現実が待ち受けているのか。
今年の夏、発表された「大学中退者調査」によると、“奨学金を借りた大学中退者”のうち、半数が年収200万円以下だという分析結果が出た。(調査・東京大学大学院の小林雅之教授他)大学を中退すると、さらに奨学金破産のリスクが高まることが分かったのだ。

「“奨学金破産”の連鎖で一家破産!?」(NHK クローズアップ現代)

「みんなが選ぶルート」を外れると途端に対応が冷たくなる、というのは日本社会が抱えている根本的な課題でもあると思いますが、残念ながら社会はそう簡単に変わりません。少なくとも、目の前にいる生徒が大学を卒業する頃までに劇的に変わることはないでしょう。であれば、教育現場で未然に抑制できる中退については、事前に生徒や保護者へ実態をちゃんと伝えるなど、手を打った方が良いと私は思います。

なお近年では、文部科学省が全国の大学に対して「中退を抑制せよ」と言うようになりました。大学中退者がニートやフリーターになり、その状況から脱せなくなるという傾向が明らかになり、社会問題として認識され始めたからです。

あわせて読みたい

「大学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    イソジンの転売 薬事法に抵触

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    恋心を持つこと自体が難しい現代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  8. 8

    消費税5% 解散総選挙で奥の手か

    NEWSポストセブン

  9. 9

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  10. 10

    国会を開かないなら歳費返上せよ

    鈴木しんじ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。