記事

奇策! サイゼリヤの「1円値上げ」が与えた想定外すぎる衝撃

2/2

今後のサイゼリヤ経済圏

「たった1円で何を」と思うかもしれませんが、経済は人々の消費活動の集まりで、人々の気持ちの集合体だと言えます。経済学では「家計」は何も考えていない無邪気な「モノ」として捉えています。しかし、これまで述べたように「自我」と「お得感」の境界線は定かではなく、消費者は意思を持って消費行動をしているのです。

サイゼリヤ経済圏では、今まで、300円よりも299円、400円よりも399円、200円よりも189円といったように、キリのいい数字よりも数円だけ安い値段の提示によってお得感といった「価値」を提供してきました。現金決済の時代では「現金」でお釣りが戻ってくることでお得感を感じていましたが、キャッシュレスではそのようなやり取りはなくなります。

デジタル経済圏に決済が移行していくなかで、よりこのような傾向が強くなると感じます。消費者の「お得感」の比較対象がよりフラット化していくでしょう。サイゼリヤも、他のイタリア料理店はすでにライバルではなく、年々クオリティーが上がってきているコンビニエンスストアの総菜や、単価の安い「居酒屋」との間で「お得感」をめぐる競争がさらに激化してくのかもしれません。

----------

馬渕 磨理子(まぶち・まりこ)

テクニカルアナリスト

京都大学公共政策大学院を卒業後、法人の資産運用を自らトレーダーとして行う。その後、フィスコで、上場企業の社長インタビュー、財務分析を行う。

----------

(テクニカルアナリスト 馬渕 磨理子)

あわせて読みたい

「サイゼリヤ」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  6. 6

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。