記事

CECIL McBEE全店舗閉鎖は「ファッションの終焉」を象徴か

渋谷・道玄坂交差点にあるSHIBUYA109

 少し前に放送が終わったドラマ『M 愛すべき人がいて』は浜崎あゆみがスターになるまでの事実をもとにしたフィクションだったが、背景である1990年代から2000年代のファッションや音楽も積極的にドラマに取り入れていたことも話題だった。当時の女の子たちにとって欠かせなかったのは、渋谷109にテナントを構えるギャルファッションブランド。元タレントでモデルの木下優樹菜さんもアルバイト店員をしていた場所だ。その代表格である『CECIL McBEE (セシルマクビー)』が全店舗を閉鎖、今後は通信販売に特化していくと発表された。ライターの森鷹久氏が、ギャルファッションブランドの栄枯盛衰、ファッションそのものが迎えている危機についてレポートする。

【写真】初売りには若い女性たちが殺到した

 * * *
 ギャル系ファッションブランド「セシルマクビー」が、2021年2月までに全店舗を閉鎖すると発表した。ティーン向けファッション誌編集者だった筆者にとって「セシル」の愛称で呼ばれる同ブランドの店舗閉鎖は隔世の感がある一方で「意外と長く持った方」と吐露するファッション関係者もいる。

 東急電鉄子会社が運営するファッションビル「SHIBUYA109」といえば、女性で知らない人はいないだろうティーンファッションの殿堂であった。とりわけ「ギャルファッション」ブームを牽引するブランドが多くテナントに入っていることから、ギャルの間では「マルキュー」と呼ばれ、そこで働く店員たちは「カリスマ」と称される憧れの場所だった。元タレントの木下優樹菜さんも、某人気店の店員を経て芸能界デビューしたことがよく知られている。そんな「マルキュー」の中で、長らく売り上げ、店舗面積ともにナンバーワンだったのが「セシルマクビー」である。

 当時のギャルブームにおいて、「セシル」は一斉を風靡していた国民的歌姫・浜崎あゆみも愛用している……といった話も聞こえてくるほどの人気ブランドだった。一口にギャルといっても好みのファッション傾向は様々だったが、「セシル」は金髪に黒肌の「黒ギャル」から、色白でセクシー路線の「白ギャル」と呼ばれる子まで、幅広いジャンルの女性から支持される稀有なブランドだった。雑誌の取材で、どんな地方へ行っても、その地域のファッションリーダー格であろう女子中高生が「セシル」のショップバッグを、これ見よがしに背負っているのを見かけるたびに、同ブランドが若い女性の「憧れ」になっていることを実感した。

「セシル」の運営は当時、現在とは異なる法人が運営していた。当時の運営関係者が振り返る。

「たしか、ショップ店員の時給で1000円を超えていたのはうちだけでした(笑)。それほど勢いがありましたし、ファッション雑誌さんに商品を貸し出す際にも、かなり口うるさく言っていました。ブランドイメージをとにかく大切にしていたんです」(関係者)

 筆者も、セシルの担当者に商品のページへの出し方をめぐり、相当な嫌味を言われ「もうお宅には貸さない」と言われた過去がある。たかだかギャルブランド、高級ブランドじゃあるまいし……と思った事もあった。ただ、超一流のブランドではないとしても、セクシー系、キュート系など若い女性に人気のジャンルをしっかり抑え「ギャル=セシル」というブランドイメージを確立させ保とうとする姿勢は一貫していたし、その戦略は成功していたのだ。

 1990年代からのギャルブームは2000年代も続き、ファッションもセクシーカジュアル路線が引き続き人気を集めていた。ギャルファッションのシーンがまだまだ好調だった2007年に、異変はすでに現れていた。「セシル」のライバルブランドで広報担当を務めていた宮崎由佳子さん(仮名・30代)はこの時、ある傾向を敏感に察知していた。

「当時、最初の韓流ブームの真っ只中。物価もまだ安かったし、ファッション関係者やモデルが我先にと韓国へ遊びに行っていました。私もソウルに遊びに行ったのですが、そこで本当に腹立たしい思いをしたんです」(宮崎さん)

 宮崎さんは、自社ブランドのアイテムが、ソウルの観光客向け衣料品店で定価の半額ほどで販売されているのを目撃したのである。よく見ると、タグは全然違うメーカーのものが付け替えてあるが、商品は間違いなく本物。

「日本の業者にパターンを送ると、サンプルが出来上がるまでに2週間、商品化には1ヶ月かかる事もあった。韓国だと、早ければ翌日にはサンプルが出来上がり、1週間で商品化。しかも日本の三分の一の価格。そんな訳で、韓国の業者に頼りきりでした。でも、その韓国の工場で偽物が作られるようになったんです」(宮崎さん)

 日本の自動車・二輪車メーカーも、かつて原付バイクの製造を中国の業者に任せたところ、数年後にはその工場で作られた偽物が登場し、日本に輸入されたことがあった。生産拠点を海外に置く産業なら、大なり小なり似たようなことを経験してきているが、これらの場合は、昼間は本物を作っている工場で、同じ生産ラインを使って夜に偽物が作られていた、という点では、かなり悪質だ。もし偽物を勝手に製造されてしまったのなら、本来はその時点で契約を打ち切り、法的機関へ訴えたり損害賠償を求めるべきだろう。ところが、宮崎さんの会社の上司は「安く作れていたのだから仕方がない」と静観した。

「ソウルのファッション市場は、日本ブランドのまがい物であふれていました。いつの間にかそれが『韓流ファッション』と呼ばれるようになり、新大久保の雑貨店で売られたりしていました。化粧品も同じで、最初に日本ブランドコスメの偽物が作られ、そのうち中身は日本の偽コスメ、パッケージは韓国のオリジナルブランドという商品が逆輸入される事態になった」(宮崎さん)

 この辺りから、日本のファッション市場、特にギャルファッション業界の勢いが目に見えて消えていった。ファッションで勝負するよりも、いかに安く作れるか、多く売れるかで物事が判断され始めたのである。

 時を同じくして海外発の安価な「ファストファッション」ブランドが注目され始めると、数年後には渋谷や原宿に日本旗揚店が続々オープン。高級ファッション誌もギャル雑誌も、こうしたブランドをこぞって取り上げ、日本国内でもファストファッションブームが巻き起こった。個性的で、世代を絞ったブランディングに特化し、かつてのギャルたちがこぞって身につけたファッションブランドは次々に倒れていった。現役スタイリスト・玉置なるみさん(仮名・40代)がいう。

「子供からお年寄りまでが安価でシンプルで、同じような服を着て、まるで制服みたいだなと思います。が、この流れには抗えない。ある程度機能的で安価なら、それさえ使っておけば、身につけておけば良いという雰囲気。ファッションという概念が消えかかっているような気さえする。無駄はどんどん削られ、遊びや余白が全く受け入れられない」

 玉置さんもまた、先細りするファッション業界に未来を感じられず、近く廃業する予定だという。筆者の周囲でも、アパレル関係者が続々業界から去り始めた。

 新型コロナウイルスの感染拡大による経済的打撃がとどめになったとはいえ、遅かれ早かれ訪れていたであろうこの事態。予想外だったのは、まだまだ生き残るはずだったファストファッション業界までもが甚大なダメージを受け、瀕死状態にあるという事だろうか。ファッションとはそのまま「余裕」であると思うが、世の中にファッションが求められない、必要とされていないように感じる今の有り様は、何を物語っているだろうか。

あわせて読みたい

「アパレル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    期限迫る国勢調査 前回下回るか

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    万年野党の方が楽? 新立民に呆れ

    諌山裕

  3. 3

    舛添氏「気の緩み」に医師が反論

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    育ちのいい人 マナー本に苛立ち

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    よくバレなかったな 瀬戸の本性

    NEWSポストセブン

  6. 6

    旅先で10回入店拒否 GoToに懸念

    PRESIDENT Online

  7. 7

    髪型変えた枝野氏 蓮舫氏の助言

    女性自身

  8. 8

    国民の思考停止を招いた安倍政権

    内田樹

  9. 9

    日本の携帯料金は本当に高いのか

    永江一石

  10. 10

    討論会で自滅 トランプ氏のミス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。