記事
  • ロイター

米ゴールドマン、人事評価制度見直しへ リストラ拡大も


[ニューヨーク 27日 ロイター] - 米金融大手ゴールドマン・サックス<GS.N>が人事評価制度の見直しを行っていることが、同行の内部資料で分かった。新制度では今年、従業員3万9000人の最大1割が期待外れと見なされ、来年の人員削減数の増加につながる可能性がある。

同行の広報担当者は資料内容を確認した上で、人事評価制度の透明性向上などに取り組んでいると認めた。来年の人員削減数が増加するかについてはコメントを控えた。

全従業員向けメモによると、今年12月の年次評価では従業員の25%が「期待超え」、65%が「完全に期待通り」、10%が「一部期待外れ」と判断される見込み。

ソロモン最高経営責任者(CEO)は「フィードバックの透明性向上や社員と上司のコミュニケーション強化が求められる」とした。

同行は今年に入り、大規模な人員削減を行っていない。従業員数は6月30日時点で、前年比10%増加している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    枝野氏「野党勢力は間違ってた」

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    韓国政府が恐れる菅首相の倍返し

    文春オンライン

  3. 3

    山口逮捕 配慮のない報道に憤り

    常見陽平

  4. 4

    日本の携帯料金は「かなり高い」

    ロイター

  5. 5

    百田氏の支持者は「普通の人」

    たかまつなな

  6. 6

    欅坂46改名原因はOGの暴露動画か

    文春オンライン

  7. 7

    タトゥー満額回答判決に識者驚き

    壇俊光

  8. 8

    元Oasisボーカル どん底から復活

    BLOGOS映像研究会

  9. 9

    菅首相の就任でコロナ対策に変化

    青山まさゆき

  10. 10

    略称2党が民主 プライド疑う指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。